ビュースイカってどんなカード?年会費をかけて持つ価値はある?カードのメリット・デメリットを分かりやすく解説!

  • 作成
  • 更新

通勤・通学で毎日電車やバスを利用していて、Suicaの残高チャージに手間取ったり、定期券をクレジットカードなどと別に持ち歩いたりするのが不便に感じていたりしませんか?

ビュー・スイカがあれば、Suicaと定期券、クレジットカード、さらにJRE POINTカードも1枚にまとめることができます。ビュー・スイカは、Suicaユーザーなら、真っ先に入会を検討したいクレジットカードと言えるでしょう。

そこでこの記事では、ビュー・スイカの魅力や注意点を徹底解説します。ビュー・スイカへの入会を考えている方は、参考にしてください。

ビュー・スイカとは?

ビュー・スイカは、ビューカードが展開しているクレジットカードです。国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCBの3種類から好きなものを選んで申し込めます。

利用可能枠は、入会時点で10万円から80万円までの中から、利用者それぞれに合わせてビューカード側で決められるしくみとなっています。

ビュー・スイカは、主にSuicaを利用して電車やバスで移動をしている人にとって、役立つクレジットカードです。交通費の支払い時にお得にポイントを貯められるクレジットカードを探している方は、ビュー・スイカへの入会を検討してみてはどうでしょうか。

「ビュー・スイカ」カード

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

ビュー・スイカのメリット

ビュー・スイカには、他のクレジットカードにはなかなかない、優れたメリットがたくさん存在します。ビュー・スイカにどんな利点があるのか知りたい人のために、メリットを徹底解説するので、ご覧ください。

4つのカードを1つに!Suica定期券一体型が便利!

ビュー・スイカは、以下の4つの機能が1つになっているクレジットカードです。

  • クレジットカード
  • Suica
  • Suica定期券
  • JRE POINTカード

ビュー・スイカは、多機能であるため、クレジットカードを利用したショッピングだけでなく、交通機関を利用した移動や、駅などでのJRE POINT加盟店における支払い時など、様々な場面で役立ちます。

持ち歩くカードの枚数を大幅に削減できるのは、ビュー・スイカを選ぶメリットです。

ビューカードが展開しているクレジットカードの中には、定期券には非対応の種類もあるので、毎日学校や会社などの勤務先へ電車で移動する人は、定期券機能付きのビュー・スイカが最有力候補となるでしょう。

なお、毎日電車に乗るわけではなく、定期券機能が不要な場合は、年1回の利用で年会費を無料にできる「ビックカメラSuicaカード」など、他のビューカードとも比較して、じっくり検討することをおすすめします。

貯まるポイントはJRE POINT

ビュー・スイカを利用して貯められるポイントは、「JRE POINT」です。

過去には「ビュー・サンクスポイント」という別のポイントが貯められましたが、2018年11月時点では、利用金額1,000円につき5ポイントのJRE POINTを貯められるしくみです。

1ポイントの価値は1円相当なので、通常のポイント還元率は0.5%とやや低めですが、次項より紹介する各種特典により、還元率をアップさせられるので、続けてご覧ください。

ポイントが3倍に⁈定期券購入やSuicaチャージで1.5%のポイント還元

ビュー・スイカで貯められるJRE POINTは、以下の場面でポイントが通常の3倍、つまり1.5%還元で貯められます。

  • Suicaへのチャージ(オートチャージやモバイルSuica、Suicaアプリケーションの利用も含む)
  • Suica定期券、Suicaカードの購入
  • JR東日本国内ツアー商品の購入(一部対象外の商品あり)
  • 「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」、券売機で購入した乗車券、定期券、回数券、特急券

「クレジットカードは、主に電車やバスでの支払いに使う」「Suicaへチャージして、欲しいものを買う機会が多い」という方には、お得にポイントを貯められるビュー・スイカが役立つでしょう。

Android端末におけるモバイルSuicaの年会費が当面無料に!

モバイルSuicaをAndroid端末で利用する場合、通常は年会費が1,030円かかりますが、支払いに使うクレジットカードをビュー・スイカに設定すれば、年会費が当面無料になります。

モバイルSuicaには、スマートフォン単体でSuicaをチャージしたり、「スーパーモバトク」などを利用して、JRの特急券などを割引価格で購入できたりするメリットがあります。

Androidユーザーで、モバイルSuicaをお得な費用で使いたい方は、ビュー・スイカを発行して、支払い先に設定するのがおすすめです。

特約店ではポイント2倍還元

ビュー・スイカは、特約店で利用すると、JRE POINTが通常の2倍である1%還元で貯まります。特約店に設定されているのは、ENEOSサービスステーションと、ENEOSでんきです。

車やバイクへ、ガソリンをENEOSで入れる方や、自宅でENEOSでんきを契約している方は、利用金額1,000円につき10ポイントのポイントを貯められるビュー・スイカを持っていると、お得にポイントを貯められることを覚えておきましょう。

年間利用額に応じて、ボーナスポイントも貯められる

ビュー・スイカでは、4月~翌年3月までの「年間利用額」に応じて、ボーナスポイントをもらえます。最大2,500ポイントをもらえるので、たくさん支払いで利用し、高還元を目指してみてはどうでしょうか。

ビュー・スイカの年間利用額に応じてもらえるポイント数を以下にまとめたので、ご覧ください。

年間利用額

ボーナスポイント

30万円

250ポイント

70万円

1,000ポイント

100万円

1,500ポイント

150万円

2,500ポイント

なお、ボーナスポイントの特典を利用できるビューカードのクレジットカードは種類が少なく、他に「ビュー・スイカリボカード」や「ビューカード」、「ビューゴールドプラスカード」しか選択肢がありません。

電車や新幹線などに乗る機会が多く、年間利用額が高めになる方は、ボーナスポイントの獲得でお得にポイントをゲットできることを覚えておきましょう。

貯まったJRE POINTは、Suicaへのチャージが便利

ビュー・スイカの利用で貯めたJRE POINTには、様々な活用方法があります。

  • JRE POINT加盟店で、1ポイント1円として支払いに使う
  • 台所用品やびゅう商品券鉄道グッズなどに交換する
  • Suicaチャージに使う

特におすすめなのは、Suicaチャージにポイントを使うことです。Suicaへは1ポイントからもれなくチャージ可能なので、ポイントが中途半端に貯まっているとしても、問題ありません。

JRE POINTのWEBサイトを利用すれば、モバイルSuicaやパソコンからのチャージなら当日、券売機でチャージするなら翌日からチャージを行えるので、ポイント交換にかかる時間も短めです。

貯まったポイントを使い道が豊富なSuicaにチャージし、電車やバスに乗ったり、コンビニ等で買い物をしたりできるのは、ビュー・スイカの大きなメリットと言えるでしょう。

チャージの手間を削減!Suicaのオートチャージ機能付帯

ビュー・スイカを持っている人は、カードのSuicaやモバイルSuicaへ、オートチャージをすることができます。

Suicaを利用していて、改札を通ろうとしたら残高不足でゲートが閉じてしまい、困ってしまった経験を持っていませんか?あるいは、チャージを仕様と券売機に並んだら、人が多くて何分も待たされたことがある方は、少なくないのではないでしょうか。

ビュー・スイカでオートチャージを設定していれば、残高不足の時にも自動で設定金額をチャージしてくれるので、ゲートが閉じることはありません。もちろん、オートチャージはビュー・スイカを利用した残高チャージになるので、ポイントは通常の3倍・1.5%還元を受けられます

Suicaのオートチャージができるのも、ビュー・スイカを利用することで得られるメリットです。

年会費分以上のポイントが貯まる?!WEB明細登録は必須!

ビュー・スイカの年会費は、477円(税抜)です。

ビュー・スイカの年会費は、初年度から請求されるしくみで、とくに割引サービスなども用意されていません。

ただし、利用代金明細書をインターネット上でチェックする「Web明細」を設定していれば、利用代金明細書が発行された(カードの利用があった)月にもれなく50ポイントが貰えます。

合計最大600ポイントがもらえるので、ビュー・スイカの年会費を上回るポイント還元を受けられるため、ビュー・スイカはWeb明細での利用がおすすめです。

対象店舗では、JRE POINTのポイントカード機能や、Suica決済でもポイントが貯まる

ビュー・スイカには、JRE POINTのポイントカード機能が付帯されています。

JRE POINTカード機能により、アトレやビーンズなど、加盟店での支払い時にビュー・スイカを提示すれば、もれなく利用金額100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

また、ニューデイズやキオスクなどでは、ビュー・スイカのSuica機能を利用して買い物をした時に、JRE POINTを貯めることが可能です。JRE POINTをたくさん貯めたい方は、対象店舗で、ポイントカード機能やSuica決済を利用しましょう。

海外旅行保険・国内旅行保険が付帯!付帯内容は?

ビュー・スイカには、海外旅行傷害保険や、国内旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険は、最高500万円、国内旅行傷害保険は最高1,000万円です。

それぞれの担保内容と、保険金額をまとめたので、参考にしてください。

海外旅行傷害保険

担保内容

最高保険金額

死亡・後遺障害

500万円

傷害治療費用

50万円

疾病治療費用

50万円

国内旅行傷害保険

担保内容

最高保険金額

死亡・後遺障害

1,000万円

入院

日額3,000円

手術

入院保険日額の5倍、または10倍

通院

日額2,000円

海外旅行傷害保険は、ビュー・スイカで旅費を支払っていなくても、自動的に適用される「自動付帯」です。

国内旅行傷害保険は、きっぷや旅行商品をビュー・スイカで購入している場合にのみ、改札を入ってから出るまでの間に起こったトラブルの損害を補償してもらえます。

ビュー・スイカを手に入れたら、旅行の際に何かトラブルが起こってしまった時に、各種保険を活用しましょう。

定期券やSuicaのチャージ残額まで補償してくれる充実した補償制度

ビュー・スイカは、各種補償が充実しているクレジットカードです。

  • 定期券
  • Suicaのチャージ残額(使用停止措置完了までの不正利用分は補償対象外)
  • クレジットカードの不正利用(届け出から60日前以降)

以上3つの場面において、損害を補償してもらえるので、万が一カードを紛失した時も、損害を削減できます。

ビュー・スイカは、Suica機能や定期券機能が付帯されているので、外出時の移動中などにうっかりなくしてしまう危険性は比較的高めです。

しかし、ビュー・スイカは補償が万全なので、もしカードをなくしてしまっても、あまり大きな心配は必要ありません。

支払いを後から2回以上の分割払いやリボ払いに変更できる

ビュー・スイカで1回払いにより支払った請求額は、支払い額がWebの利用明細に記載されてから支払い額が確定するまでの間、自由に支払回数・方法を変更できます。

例えば、50,000円の買い物を1回払いで行ったとして、急な出費などでどうしても一括返済が難しくなった時は、利用明細ページから2回以上の分割払いに変更できるので安心です。

分割払いだけでなく、利用金額をまとめて1つの残高として、毎月一定額を支払う「リボ払い」に設定することもできるので、必要に応じて活用してみてはどうでしょうか。

ビューカード会員限定の優待サービスや特典をご紹介!

ビュー・スイカでは、ビューカード会員限定の様々な優待や特典も利用できます。

  • 対象ホテルでの優待割引
  • 「CNプレイガイド」より、公演のチケットを優待価格で購入できる
  • 「駅レンタカー」10%割引、JRバス関東で東京~名古屋の夜行バスが窓口購入時に10%割引
  • レジャー施設や引越サービス割引
  • カラオケ、ダイニング割引
  • ロッテ免税店銀座での最大10%オフや1,000円分のギフト券プレゼント
  • サイバーステーションで1年間の10%オフ

ビューカードであるビュー・スイカを申し込んだら、様々な会員限定特典をチェックして、活用しましょう。

最大9枚の家族カード発行可能・ETCカードも使える

ビュー・スイカでは、家族カードを最大9枚まで発行できます。

家族カードの年会費は、1枚目から477円(税抜)に設定されていて、18歳以上・高校生以外の本会員の家族が利用できます。ただし、本会員が学生の場合は、家族カードを発行できないのでご注意ください。

そして、ビュー・スイカでは、ETCカードを利用できます。ETCカードは、年会費が477円(税抜)に設定されていますが、JRE POINTを貯められるので、たくさんETCを利用する方は活用してみてはどうでしょうか。

QUICPay決済で使える、Apple Payに対応!

ビュー・スイカは、iPhoneやApple WatchのWalletアプリに登録することで、Apple Payにおいて「QUICPay」での支払いを行えます。

QUICPayは、自動販売機やコンビニ、スーパーなど、様々な場所で支払いに使える電子マネーサービスです。

QUICPayなら、iPhoneやApple Watchを専用のリーダーにタッチするだけで支払えるので、面倒なサインや暗証番号が必要ありません。

もちろん、支払い額に応じて、通常のクレジット決済と同様にポイントも貯められます。

iPhoneユーザーの方は、使っている端末にビュー・スイカを登録して、Apple Watchでも活用してみてください。

「ビュー・スイカ」カード

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

審査は厳しい?ビュー・スイカカードの申し込み基準

ビュー・スイカには、審査基準に特別難しい部分はありません

ここからは、ビュー・スイカの審査において知っておきたい重要なポイントを解説します。

審査落ちになる原因についても合わせて解説するので、これから申し込み予定の方や、以前申し込んだものの落ちてしまった経験がある方は、参考にしてください。

18歳以上で高校生以外なら、誰でも申し込める

ビュー・スイカは、18歳以上で日本に住んでいて、電話連絡ができる高校生以外の方であれば誰でも申し込めます。クレジットカードには、20歳以上でなければ申し込めないものや、年収・職業などに細かい条件が設定されているものもあります。

しかし、ビュー・スイカなら、とくに職業や年収などに規定はありませんし、年齢も18歳以上ならOKです。

18歳以上・高校生以外で興味を持った方は、ビュー・スイカを申し込めば、発行できる可能性は十分なので、気になったらまずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

未成年は親権者の同意が必要

ビュー・スイカを18~19歳の未成年が申し込む場合は、親権者が申し込みに同意する必要があります。親権者に連絡が届く場合があるので、無断で申し込むのはおすすめできません。

例えば、「大学進学を機に、ビュー・スイカを申し込んで通学で使いたい」「未成年でも発行できると知り、ビュー・スイカを申し込みたい」といった方は、必ず親権者に許可を得てから申し込みを開始しましょう。

ビュー・スイカの審査に落ちた場合、考えられる理由は?

申込資格を満たしているのに、ビュー・スイカの審査に落ち、カードを発行できなかった場合は、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • 申し込み時に入力した情報に誤りがあった
  • 延滞など、他社でトラブルを起こしていた
  • 同時に他のカードを申し込んでいた

ビュー・スイカの申し込み時には、住所や氏名、職業などの情報を入力する必要がありますが、情報が間違っていると、審査の際に怪しまれてしまうなどして、カードを発行できない場合があります。

クレジットカード、カードローンにおいて支払いの延滞をしていたり、未返済の高額な借入があったりといった状態でも、ビュー・スイカの申し込みを断られてしまう可能性があるのでご注意ください。

そして、クレジットカードを同時に複数枚申し込むと、「お金に困っている」と思われて発行を拒否されてしまうケースがあるので、他のカードを同時期に申し込まないように気をつけるのも大事です。

「ビュー・スイカ」カード

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

ビュー・スイカのデメリット・注意点

ビュー・スイカには、大きく分けて4つのデメリット・注意点が存在します。

ここからは、ビュー・スイカを申し込む前に知っておきたい、各種デメリット・注意点を解説するので、参考にしてください。

追加カードと本会員カードの両方に年会費があるのは難点

ビュー・スイカでは、本会員、家族会員、そしてETCカードにも、477円(税抜)の年会費が設定されています。ビューカードの中には、年1回の利用で年会費が無料になるビックカメラSuicaカードなど、条件を満たせば年会費を削減できる選択肢もあります。

少額であるものの、年会費が発生するのは、ビュー・スイカのデメリットと考えられるでしょう。

年会費を支払いたくない方は、ビックカメラSuicaカードや、「デメリット・注意点」の次に説明するビュー・スイカリボカードも、合わせて検討してみてください。

海外旅行傷害保険の金額は抑えめ

ビュー・スイカは、海外旅行傷害保険の金額が抑えめです。クレジットカードの中には、年会費が無料であっても、海外旅行傷害保険が高額なものもあります。

例えば、リクルートカードや楽天カードなら、海外旅行損害保険が最高2,000万円に設定されています。海外旅行に行く機会が多い方は、必要に応じて、旅行傷害保険用に、他社カードを別途申し込むのも良いでしょう。

海外旅行に行く機会がない方は、特に気にする必要はありません。

↓海外旅行傷害保険 最高2,000万円まで付帯のカードなら↓

楽天カード

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

通常のポイント還元率は0.5%と低め、ポイントが貯まる利用金額が1,000円単位

ビュー・スイカのポイント還元率は、Suicaや特急券などの例外を除くと0.5%です。楽天カードなど、1%以上の還元を受けられるクレジットカードもあるので、ポイント還元率を再重視する方は不満に感じるかもしれません。

ただし、還元率が高いSuicaチャージなどに絞って利用する方であれば、とくにポイント還元率の心配はありません。なお、ビュー・スイカでは、利用金額1,000円ごとにポイントが貯まっていくので、毎月最大999円まではポイント付与対象にならず切り捨てられることにも要注意です。

↓ポイント高還元が魅力のクレジットカードなら↓

お得にポイントを貯められるネットモールなどは用意されていない

ビュー・スイカでは、専用のネットモールなど、経由することでポイント還元率をアップさせられるサービスが用意されていません。

エポスカードや、三井住友カードなどでは、対象ショップでポイント還元率をアップさせられる特典が用意されているので、不満に感じる方もいるでしょう。

普段の買い物でお得にポイントを貯めたい方は、ビュー・スイカは交通関係での支払い用として、他のポイント還元率が高いカードや、ネットモール提供ありのカードも、別途用意するのがおすすめです。

↓ネットショッピングでお得にポイントを貯めたい方なら↓

エポスカード

総合評価
3.9
年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ

入会金・年会費永年無料で最短即日発行!

  • マルイで買い物する方は必須のカード!
  • 年4回開催の「マルコとマルオの7日間」中は10%オフ
  • 優待期間以外でもマルイでの買い物ならポイントは2倍
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~ 最短即日
無料 年会費
無料

三井住友VISAクラシックカード

総合評価
4.7
VISAカードといえば三井住友VISA!年会費初年度無料で、簡単条件で2年目以降も無料!

日本で初めてVISAカードを発行したのは三井住友VISA!年会費が安いのに電子マネーとの提携が充実しており、さらに100円で1マイルためられるバランスの良いカード!裏面に顔写真入りICカードを選べば安全性がぐんとアップ!

  • 「ポイントUPモール」経由のお買物で、amazon、楽天市場、Yahoo!の獲得ポイントが最大20倍!
  • 「マイ・ペイすリボ」登録と前年1回以上のカード利用で翌年度年会費が無料でお得!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間最高100万円のショッピング保険の充実補償で安心です!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 年会費
無料

ビュー・スイカでリボカードもある!

ビュー・スイカには、ビュー・スイカリボカードという、リボ払い専用カードも用意されています。

ビュー・スイカに興味を持ったものの、主に年会費の負担が不満の方には、ビュー・スイカリボカードがおすすめです。ここからは、ビュー・スイカリボカードの特徴を解説するので、どちらを申し込むか決める際の参考にしてください。

ビュー・スイカリボカードは、年会費が無料

ビュー・スイカは、年会費が477円(税抜)に設定されているので、年会費の発生が負担に感じるかもしれません。

ビュー・スイカリボカードなら、年会費がもれなく無料であるため、年会費がかかると不満な方でも安心して申し込めるでしょう。

ただし、Web明細の利用で600ポイントを受け取れるので、年会費以上の還元があることを考えれば、そこまで大きなデメリットではありません。

ビュー・スイカリボカードも、定期券機能が付帯されている

ビュー・スイカリボカードは、通常のビュー・スイカと同様に、定期券機能を備えています

毎朝通勤や通学で定期券を使う方も、ビュー・スイカリボカードを持っていれば、別途カードなどを発行しなくても定期券を使えるので、安心です。

もちろん、Suica機能やJRE POINTカード機能、クレジットカード機能も使えるので、多機能なクレジットカードを年会費無料で使いたい方にとって、頼れる存在となるでしょう。

リボ払いの注意点

ビュー・スイカリボカードは、リボ払い専用のクレジットカードです。

リボ払いとは、利用金額が設定金額以上になった時に、超過分の金額を翌月の支払いに回し、手数料とともに支払うタイプの支払い方法です。

支払い額が設定されている請求金額を超えると、もれなく手数料を支払わなければいけなくなってしまうので、うまく運用するのが難しいと感じる方は、年会費を考慮しても、通常のビュー・スイカを選んだ方が使いやすいでしょう。

利用金額や支払額を適切にコントロールしながら使える方は、ビュー・スイカリボカードを選択し、年会費無料で活用してみてはどうでしょうか。

ビュー・スイカカードはこんな人におススメ

ビュー・スイカは、交通系の支払いに特化しているクレジットカードなので、比較的自分にとって使いやすいかどうかの判断がしやすいと考えられます。

しかし、「本当に申し込んで大丈夫?」と不安になってしまう場合もあるでしょう。

ここからは、ビュー・スイカがどんな人におすすめかを解説するので、申し込みを決める際の参考にしてください。

電車やバスにSuicaで乗る機会が多い人

ビュー・スイカは、電車やバスで通勤・通学をしている人に最適なクレジットカードです。

現金決済だと何も還元を受けられませんが、ビュー・スイカを持っていれば、Suicaチャージや定期券の購入などで1.5%もの高還元を受けられます。

ビュー・スイカがあれば、Suica、定期券、クレジットカードを1枚にまとめられるため、財布が厚くなる(荷物が増える)ことがないので、「お得」であることに加えて「身軽に」移動できます。

旅行・出張などで、新幹線に乗ることが多い人

ビュー・スイカは、新幹線に乗る機会が多い人にもおすすめです。

新幹線などの特急券を購入する際は1.5%還元を受けられますし、モバイルSuicaなら、「スーパーモバトク」などの安価な特急券も、年会費無料で購入できます。

旅行や出張で新幹線によく乗る方は、ビュー・スイカを申し込んでみてはどうでしょうか。

貯めたポイントを、Suicaで便利に使いたい人

ビュー・スイカは、貯めたポイントを1ポイント=1円分としてSuicaにチャージできるので、ポイントを電車賃やコンビニ等での支払いに使いたい人に最適です。

他のクレジットカードを使っていて、ポイントの使い道に困った経験がある方は、ビュー・スイカでJRE POINTを貯めて、Suicaチャージをして様々な場所で便利に使ってみてください。

まとめ

ビュー・スイカは、年会費477円(税抜)のクレジットカードで、国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBから自由に選べます。

年会費が必ずかかるものの、Web明細を利用していれば最大600円分のJRE POINTをもらえるので、年会費以上の還元になることを踏まえると、それほど大きな負担にはならないでしょう。

ビュー・スイカには、以下の4つの機能が付帯されています。

  • クレジットカード
  • Suica
  • 定期券
  • JRE POINTカード

Suicaや定期券がクレジットカードとセットになっているので、荷物を増やさずに様々な機能を使えるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう。

カードの利用金額1,000円ごとに5ポイント貯まるJRE POINTは、通常0.5%還元ですが、Suicaチャージや定期券、特急券などの購入では3倍の1.5%還元を受けられます。

他にも、最大2,500ポイントのボーナスポイントがあるので、使えば使うほどポイント還元率が高まります。

Suicaのチャージをクレジットカードで行ったり、定期券・特急券などを便利・お得に使ったりしたい方は、ビュー・スイカの申し込みを検討してみてはどうでしょうか。

「ビュー・スイカ」カード

総合評価
3.8
Suica、定期券、クレジットガードも一枚に集約、電車通勤の方には必須のカード

Suicaのオートチャージや切符、定期券の購入はポイント3倍でどんどんポイントが貯まる

  • 貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換できるので利用が便利
  • WEB明細サービス利用で600円分のポイントが付与されるので、年会費477円は実質無料
  • 最高1,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.5% 最短1週間
477円(税別) 477円(税別)

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る