銀聯カードってどんな時に役立つの?日本でカードを作る方法やメリットとデメリットを分かりやすく解説

  • 作成
  • 更新

最近では、中国人観光客による爆買いが話題になっています。そんな大量買いを行う中国人の方がよく持っているのが、「銀聯カード」です。日本人にはまだ認知度が低い関係上、「銀聯カード」にはどんな特徴があるのか分かり難いものがあります。今回の記事では、「銀聯カード」について徹底検証していくため、どんなカードなのか知りたい方は参考にしてみて下さい。

銀聯カードとは。中国に行くなら持たないでどうする!

まずは「銀聯カード」の特徴から紹介していきましょう。2002年3月、中国人民銀行主導によって設立されたのが、金融業を営む「中国銀聯」です。「中国銀聯」によって発行されているのが、「銀聯カード」となります。以前の中国では地域によって決済システムが異なっていましたが、「銀聯カード」の登場によって決済システムが統一化されました。

中国では銀聯カードのほうが使いやすい

世界的に広く普及しているVISAでも、中国のお店によっては使えないことがあります。せっかくクレジットカードを持参したのに、使えないのでは意味がありませんよね?実は中国への観光旅行、出張などでは「銀聯カード」の方が使いやすいのです。中国以外にも、主に次のような国で「銀聯ネットワーク」広がっています。

香港

台湾

日本

韓国

 

シンガポール

マレーシア

タイ

 

オーストラリア

ニュージーランド

 

アメリカ

フランス

ドイツ

イギリス

スイスなど

見たことあるけど、なんて読むの?

「銀聯カード」の読み方が日本人には難しくありませんか?「銀聯」は「ぎんれん」と呼びます。英語では「銀聯カード」のことを「UnionPay(ユニオンペイ)」とも言います。

実はすごい!世界一のカードって本当?

中国では人民元に対して「持ち出し額の制限」を設けているのを知っていますか?中国人観光客の方が外国にて、大きなお買い物をしたいと思っても、「持ち出し額の制限」を受けるために難しい状況です。しかし、「銀聯カード」によって「持ち出し額の制限」を気にすることなく、海外でお買い物できるようになりました。

外国人観光客が行う日本での消費のことを、「インバウンド需要」と呼びます。近頃の日本では、中国人観光客の方が増え続けており、「銀聯カード」未対応より「銀聯カード」対応の方が、一人当たりの客単価が高いのが現状です。中国人観光客からの大きな「インバウンド需要」が期待できるとして、「銀聯カード」が使える加盟店が日本でも増えてきました。2017年の時点で日本にある百貨店や商業施設、観光施設など、およそ60万以上のお店で「銀聯カード」が使えます。さらに香港や韓国など、中国以外の外国人観光客も、日本で「銀聯カード」を使い始めるようになりました。Amazonでも「銀聯カード」を取り扱うようになり、ネットショッピングしたい時にも便利です。

中国では偽札が出回っており、現金払いでは偽札を掴まされる恐れがあります。精巧な偽札では、本物かどうか見分けるのは困難でしょう。見慣れた日本のお札でも困難なのに、見慣れない中国のお札であれば、なおさらです。しかし、「銀聯カード」による決済なら、偽札を掴まされる心配がありません。お客さん側にも、加盟店側にも「銀聯カード」を導入するメリットがあるのです。

中国の人口は14億人ほどと言われているため、「銀聯カード」の発行枚数も多くなっています。2017年の時点で、「銀聯カード」の累計発行枚数が世界中で66億9,000万枚を超えました。2015年には、「銀聯カード」の取扱高1兆9,000億ドルとなり、VISAの取扱高1兆7,500億ドルを超えて世界一のカードとなったというニュースが流れています。

次の世界7大国際ブランドにも、「銀聯」の名前が含まれるようになりました。

世界シェア順位

国際ブランド名

1位

VISA

2位

MasterCard

3位

銀聯

4位

アメックス

5位

JCB

6位

ダイナース

7位

ディスカバー

「銀聯」は世界シェアでも、堂々の3位になっています。日本唯一の国際ブランドJCBよりも、上の順位です。

中国ではクレジットカードではない?

先ほど「銀聯カード」の累計発行枚数66億9,000万枚超と紹介しましたが、全部がクレジットカードというわけではありません。中国の多くで、デビットカード(キャッシュカード)となっています。

クレジットカードを加盟店で使った場合、カード会社が加盟店に立替払いを行うのが基本です。カード会員は加盟店ではなく、カード会社に支払いするシステムになっています。信用のないカード会員に立替払いすると回収できないリスクが高まるため、カード会員の信用が大切です。クレジットカードに対し、デビットカードでは、口座より即時引き落としするのが基本となっています。口座の入金額までしか使えないため、カード会社が回収できないというリスクは低いです。

中国では経済が急速に発展していますが、まだ隅々まで浸透していません。クレジットカードの審査に通過する信用のある人はまだ少ないため、回収できないリスクの低いデビットカードを発行しているのです。

銀聯カードの使い方は?

クレジットカードの場合、加盟店のレジにある端末にて、4ケタの暗証番号入力を求められたことはありませんか?端末のある加盟店では、暗証番号のみ、サイン無しでお買い物ができます。「銀聯カード」の場合、4ケタの暗証番号ではなく、頭に00を付けた6ケタの暗証番号となっています。暗証番号の他、サインも必要となるため、一般的なクレジットカードと同じと思っている方は注意して下さい。

銀聯カードの支払い方法は?

「銀聯カード」は中国だけではなく、日本でも発行されています。クレジットカードの場合、1回払いや2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いなど、様々な支払い方法がありますよね?日本で発行されている「銀聯カード(クレジットカード)」では、1回払いが基本です。分割払いやリボ払いなど、複数回に分けて支払いできる「割賦枠」はありませんので注意して下さい。

コンビニATMにて、日本円の引き出しができる

中国では磁気ストライプのキャッシュカードから、ICチップ搭載のキャッシュカードへの切り替えが進んでいます。ICチップは偽造が難しいため、犯罪防止に繋がるという理由からです。しかし、中国のICチップは独自規格となっており、日本のATMでは中国のICチップ搭載キャッシュカードに対応していません。日本のATMにて、銀聯ICのキャッシュカードで日本円を引き出ししようと思ってもできないのです。

しかし、最近の日本では、セブンイレブンやローソンなどに設置されているATMにて、「銀聯カード」で日本円の引き出しができるようになりました。中国人観光客の方が、日本円が必要になった時の利便性も高まっています。ただし、全てのATMにて「銀聯」に対応している訳ではないため、「銀聯」のロゴマークがATMにあるかどうか、確認することが必要です。

日本でつくる銀聯カード。年会費や審査基準、メリットは?

中国では圧倒的な人気がある「銀聯カード」ですが、日本で発行されている「銀聯カード」は少ないために選択肢が限られます。次からは日本で発行されている「銀聯カード」について紹介していきましょう。紹介する「銀聯カード」は、「三井住友銀聯カード」「MUFG 銀聯カード」の2つです。

三井住友銀聯カードの特徴は?

三井住友VISAカードでもお馴染み、三井住友カードが発行しているのが「三井住友銀聯カード」です。中国大陸のデザイン、パンダのデザイン、2種類のデザインを用意しており、お好みで選べます。

気になる年会費は?

クレジットカードを発行して貰う時に気になるのが、年会費が幾らかかるのかです。「三井住友銀聯カード」では、年会費永年無料となっています。しかし、次のようなカード発行手数料が必要です。

本会員

新規入会時無料/原則5年の更新時1,000円(税抜)

家族会員

新規入会時無料/家族追加無料/原則5年の更新時500円(税抜)

本会員、家族会員ともに新規入会時はカード発行手数料無料でも、更新時には有料となりますので注意しましょう。

カードの利用可能枠は?

「三井住友銀聯カード」も支払い方法は1回払いのみです。利用可能枠が幾らあるのか、事前に把握したほうが良いでしょう。「三井住友銀聯カード」のショッピング利用可能枠は、「10万円~80万円」の設定です。審査によって「10万円~80万円」の範囲から適切な利用可能枠が設定されます。ちなみにカードショッピング後の締日と支払い日は、次の2通りから選ぶことが可能です。

  • 締日15日/支払い日翌月10日
  • 締日月末/支払い日翌月26日

お給料日にあった支払い日を選ぶと、無理なく支払いできることでしょう。

三井住友銀聯カードの審査基準について

ステータスの高い国際ブランドのカードほど、審査基準は厳しくなるのが一般的です。「銀聯カード」は世界シェア3位ではありますが、ステータスでは世界7大国際ブランド中で7位となっています。ステータスの高い国際ブランドよりも、審査基準は低い可能性が高いでしょう。

「三井住友銀聯カード」は年会費永年無料の一般カードといった位置づけです。年会費の高いゴールドカードやプラチナカードよりも、審査の敷居が低くなっています。さらに、「三井住友銀聯カード」にはキャッシング利用枠が無いため、キャッシング利用枠の審査が無い分、比較的審査に通りやすいでしょう。申込み条件である「満18歳以上の方(高校生は除く)」を見ても、厳しいものではありませんので、幅広い方で申込みすることが可能です。

三井住友銀聯カードの申込み方法

「三井住友銀聯カード」では、オンライン申込みができます。オンラインでは、最短3営業日で発行されるため、中国への観光旅行や出張が近い時にも便利です。オンライン申込みする前に、銀行の通帳やキャッシュカード、運転免許証などの必要書類を準備しておきましょう。

三井住友銀聯カードのメリットは?

クレジットカードの大きなメリットとなっているのが、ポイント付与です。「銀聯カード」でもポイントが付与されるのか、分かり難くありませんか?「三井住友銀聯カード」では、1,000円につき1ポイント付与する「ワールドプレゼント」を提供しています。「ワールドプレゼント」では、1ポイント=5円相当として使えるために、ポイント還元率は0.5%です。きちんとポイントが付与されるため、現金払いするよりお得です。貯めたポイントには、次のような交換先が用意されています。

  • 景品
  • マイレージ移行
  • キャッシュバック・iDバリュー
  • ポイント移行
  • オンラインギフトカード
  • ふるさと納税への寄付など

ただし、ポイント獲得月より2年間という有効期限には注意して下さい。

その他にも、「三井住友銀聯カード」には「銀聯コールセンター照会受付サービス」を利用できるメリットがあります。不慣れな中国滞在中に困りごとが起きても、「銀聯コールセンター照会受付サービス」であれば、日本語によるサポートが受けられるために安心です。中国語が分からない方でも、中国への観光旅行や出張へ安心して行けることでしょう。「銀聯コールセンター照会受付サービス」では、次のようなサポートが受けられます。

  • カード紛失・盗難受付デスクへの案内
  • カードの各種案内
  • カードが利用できない時の説明
  • 中国加盟店への説明(カード利用拒否があった場合など)

「銀聯コールセンター照会受付サービス」を利用したい時は、中国国内にて「95516」の電話番号にかけて下さい。24時間年中無休で電話受け付けしているため、急な困りごとでも大丈夫です。最初は中国語のオペレーターに繋がるため、日本語を希望する時は「Japanese agent please」と伝えて下さい。

中国国内で宿泊する時にも、「三井住友銀聯カード」があるとお得です。「三井住友銀聯カード」では、中国国内ホテルにて「優待宿泊プラン」の利用ができます。「優待宿泊プラン」の対象となるホテルは次をご覧下さい。

場所

ホテル名

上海

オークラガーデンホテル上海

ホテル・ニッコー上海

北京

ホテルニューオータニ長富宮

無錫

ホテル・ニッコー無錫

「優待宿泊プラン」には、次のような特典も付きます。

「オークラガーデンホテル上海」

部屋タイプ

特典内容

デラックスルーム

ウエルカムドリンク/ヘルスクラブのプール無料

エグゼクティブルーム/スイートルーム

上記の特典+下記の特典

 

  1. 1階ビジネスセンターでのチェックイン・チェックアウト
  2. エグゼクティブサロン利用
  3. エグゼクティブサロン会議室2時間無料
  4. ワイシャツ1日1枚クリーニング無料

 

「ホテル・ニッコー上海」「ホテル・ニッコー無錫」

WiFi/フィットネスセンター無料

 

「ホテルニューオータニ長富宮」

部屋タイプ

特典内容

全部屋タイプ

インターネット無料/ミネラルウォーター2本/

フィットネスセンターのジムやプール無料

長安スイート/エグゼクティブフロア

上記の特典+下記の特典

 

  1. 21階エグゼクティブサロン無料
  2. 21階サロンでのチェックイン/チェックアウト
  3. サロンでの朝食サービス
  4. フリーティータイム(コーヒー/紅茶/ソフトドリンク)
  5. ハッピータイム(ビール/ウィスキー/ワイン/ソフトドリンク)
  6. 日経新聞などの閲覧
  7. サロン内会議室2時間利用
  8. 無線LAN

部屋タイプの長安スイート/ジュニアスイートでは、さらに日経新聞の無料手配の特典付きです。

年会費永年無料で、上記のような特典が受けられるため、「三井住友銀聯カード」のお得感が大きくなるでしょう。「優待宿泊プラン」や特典内容など、詳しくは「FORYOUデスク」(0570-004-980)へお問い合わせ下さい。

ステータスの高い三井住友銀聯プラチナカードもある

三井住友カードでは、ステータスの高い「三井住友銀聯プラチナカード」も発行しています。「三井住友銀聯カード」より、付帯サービスが充実しているのが、「三井住友銀聯プラチナカード」の最大のメリットです。デザインは「ブラック×プラチナ」「ブラック×ゴールド」と2種類あります。

気になる年会費は?

プラチナカードは年会費が高くなるため、「三井住友銀聯プラチナカード」では幾らの年会費が必要なのか気になるところです。「三井住友銀聯プラチナカード」では年会費無料、負担を気にせずに持ち続けられます。さらにカード発行手数料も無料です。

カードの利用可能枠は?

「三井住友銀聯プラチナカード」のショッピング利用可能枠は原則300万円~となっており、「三井住友銀聯カード」と比べると大幅に高くなっています。「三井住友銀聯カード」のショッピング利用可能枠では、すぐに使い切ってしまう…という方にも便利なのが、「三井住友銀聯プラチナカード」です。

三井住友銀聯プラチナカードの審査基準は厳しい

「三井住友銀聯プラチナカード」は、三井住友カードのプラチナカード会員が対象となっています。単独で「三井住友銀聯プラチナカード」だけ発行して貰うことはできません。プラチナカードの厳しい審査基準を満たさないと、「三井住友銀聯プラチナカード」の入手はできないでしょう。

三井住友カードでは、インビテーション(招待)ではなく、自分から申込みできる「三井住友プラチナカード」を用意しています。「三井住友プラチナカード」の申込み条件は次の通りです。

  • 年齢原則満30歳以上であること
  • 本人に安定継続収入があること

年齢の申込み条件に満30歳以上とありますが、35歳以上のほうが望ましいです。その他にも、プラチナカード会員になるには、年収500万円以上は欲しいところ。三井住友カードのゴールドカードで利用実績を積み上げている方は、プラチナカード会員になりやすいでしょう。

MUFG 銀聯カードの特徴は?

MUFGカードでお馴染み、三菱UFJニコスが発行しているのが「MUFG 銀聯カード」です。「MUFG 銀聯カード」に申込みできるのは、MUFGカードを持っている方となります。ゴールド、シルバー、2種類のデザインを用意しており、一律シルバーとなるのは、次のMUFGカードです。

一般カード

提携カード

イニシャルカード

スヌーピーカード

VIASOカード(MUFGカード)

MUFGカード スマート

VIASO(ビアソ)カード

総合評価
4.0
ネットショッピングでの高ポイント還元とスピード発行ならこのカード!

最短翌営業日のスピード発行で、年会費永年無料!獲得ポイントが毎年自動でキャッシュバックされるので、「ポイントは現金に!」という方にはおすすめ!ポイントを無駄なく利用できます。ETCカードはポイント2倍!

  • VIASOeショップ経由だと、Amazon利用で2%、楽天市場・Yahoo!ショッピングで3%ポイント還元!最大10%ポイント還元!
  • 貯まったポイントは年に1回引き落とし口座に自動で現金入金されるので、ポイントを無駄なく利用可能
  • 最高2,000万円の海外旅行保険やショッピング保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~10% 最短翌営業日
無料 年会費
無料

気になる年会費は?

「MUFG 銀聯カード」じたいの年会費は無料です。新規発行手数料は本会員で1,000円(税抜)、家族会員で300円(税抜)となっています。その他にも、持っているMUFGカード所定の年会費の支払いが必要です。新規発行手数料が気になる方は、キャンペーン実施中かどうか、三菱UFJニコスの公式サイトにて確認してみて下さい。

カードの利用可能枠は?

「MUFG 銀聯カード」の利用可能枠は、持っているMUFGカードの利用可能枠までとなります。中国へ出かける前に、利用可能枠が幾ら残っているのか、調べておきましょう。「MUFG 銀聯カード」の利用代金は、持っているMUFGカードの利用代金と一緒に引き落としされる仕組みです。締日や支払い日についても、持っているMUFGカードと同じとなります。

MUFG 銀聯カードの審査基準について

MUFGカードを持っていない方は、MUFGカードの新規申込み時に「MUFG 銀聯カード」の追加ができます。審査基準は、新規申込み時に選んだMUFGカードに左右されるでしょう。ステータスの高いカードに「MUFG 銀聯カード」を追加したい時は、「MUFGカード ゴールド」を選ぶと便利です。「MUFGカード ゴールド」の申込み条件は次をご覧下さい。

  • 年齢原則18歳以上(学生を除く)であること
  • 本人または配偶者に安定した収入があること

年齢の他、安定した収入も申込み条件に含まれています。

ゴールドカードより、審査の敷居が低いのが「MUFGカード(ディズニー・デザイン)」です。此方の申込み条件は次のようになっています。

  • 学生は原則18歳以上(高校生を除く)であること
  • 社会人は原則18歳以上、かつ本人または配偶者に安定した収入があること

ゴールドカードでは審査が不安という方は、学生さんでも申込みできる「MUFGカード(ディズニー・デザイン)」を選ぶと良いでしょう。

MUFG 銀聯カードの申込み方法

MUFGカードを持っている場合、「MUFG 銀聯カード」の申込み方法は次の2通りです。

  • カード会員用の「MUFGカードWEBサービス」
  • 銀聯カード申込書(WEBサービスまたは電話で請求)

銀聯カード申込書は請求から自宅に届くまで、1週間ほどかかります。急ぎの時は、WEBサービスにて申込みしたほうが良いでしょう。

MUFG 銀聯カードのメリットは?

「MUFG 銀聯カード」の大きなメリットとなっているのが、海外銀聯加盟店でのカードショッピングでポイント2倍になる点です。海外銀聯加盟店ポイント2倍の対象は、グローバルポイント、スヌーピーポイントが付与されるMUFGカードとなります。どのポイントプログラムでも、基本ポイント還元率0.5%のため、海外銀聯加盟店でのポイント還元率は1.0%になる計算です。中国でカードショッピングする機会の多い方なら、ポイントが貯まりやすいでしょう。グローバルポイントやスヌーピーポイントプログラムでは、次のような交換先を用意しています。

  • 商品
  • キャッシュバック
  • 他社ポイント
  • ギフトカードなど

貯めたポイントを、交換する楽しみも味わえることでしょう。

「MUFG 銀聯カード」には、海外アシスタンスサービス「ハローデスク」を利用できるメリットもあります。「ハローデスク」で受けられるサービスは次をご覧下さい。

国際ブランドVISA/Mastercardの場合

インフォメーションサービス

  • 現地都市や交通機関の案内
  • 航空会社やフライト情報の案内
  • ホテルやショッピング、免税店の案内
  • レストランの情報
  • スポーツ、イベント、エンターテインメントの情報など

リザベーションサービス

  • ホテルやレストラン、レンタカーの予約
  • 観光ツアーの案内
  • 航空券の予約・手配
  • 航空座席のリコンファーム
  • 観光ガイドの手配
  • リムジン送迎の手配
  • スポーツ、イベント、エンターテインメントのチケット手配など

エマージェンシーサービス

  • パスポートやトラベラーズチェックの紛失・盗難時の案内
  • 日本語を話せる医師や医療施設の紹介
  • 事故時のアドバイス
  • 緊急時のアテンド手配など

「ハローデスク」は北京や上海の他、香港にもあります。北京にある「ハローデスク」では来店時に次のようなサービスを受けることも可能です。

  • Wi-Fi
  • ミネラルウォーター
  • ガイドブック
  • 観光案内フリーペーパー
  • 雑誌
  • トイレ

北京に観光旅行や出張に行った時には、「ハローデスク」を利用してみては如何でしょう。「ハローデスク」によって受けられるサービスが異なるため、詳しくは「ハローデスク」の公式サイトをご覧下さい。

その他のメリットとして挙げられるのが、付帯サービスが充実している「MUFGカードゴールド」に「MUFG 銀聯カード」の追加ができるという点です。「MUFGカードゴールド」では、VISA/MasterCard/JCBと3つの国際ブランドから選べます。さらに、「MUFGカードゴールド」には次のようなサービス付帯です。

  • 記念月ポイント5倍
  • 最高2,000万円の国内/海外旅行傷害保険
  • 最高2万円の国内渡航便遅延保険
  • 年間100万円までのショッピング保険
  • 国内主要6空港+ダニエル・K・イノウエ国際空港での空港ラウンジサービス

ステータスの高い「MUFGカードゴールド」でも、年会費1,905円(税抜)と負担が少ないです。後は新規発行手数料1,000円(税抜)追加するだけで、「銀聯カード」を入手できます。

三井住友銀聯カードとMUFG 銀聯カードのデメリット

次からは、「三井住友銀聯カード」と「MUFG 銀聯カード」にあるデメリットについての紹介です。

まずは、「三井住友銀聯カード」のデメリットから紹介いたしましょう。

キャッシュバックに交換するとポイント還元率が下がる

「三井住友銀聯カード」では、貯めたポイントをキャッシュバックに交換できます。キャッシュバックの交換レートは、「200ポイント→600円分」です。交換したい商品が見当たらない時に、キャッシュバックという交換先は便利になるでしょう。しかし、キャッシュバックに交換すると、ポイント還元率が0.5%→0.3%へと下がってしまうデメリットがあります。ポイント還元率0.5%で交換したい時は、次の交換先を選びましょう。

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • WALLETポイント
  • Gポイント
  • PeXポイント
  • Amazonギフト券(チャージタイプ)
  • Google Playギフトコード
  • iDバリュー(電子マネーiDの利用代金にキャッシュバック)
  • 三井住友VISAプリペイドなど

付帯保険に弱い

観光旅行や出張で中国へ行く場合、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険が気になることでしょう。しかし、「三井住友銀聯カード」には、海外旅行傷害保険が付帯されていません。海外旅行や出張中に万が一のことがあっても、保険金は受け取りできませんので注意して下さい。その他にも、「三井住友銀聯カード」には、一般カードによく見られるショッピング保険もありません。付帯保険に弱いというデメリットには注意して下さい。リスクに備えたい方は、旅行傷害保険やショッピング保険付帯のクレジットカードを、別途作成しておくと良いでしょう。

↓海外旅行保険付帯のクレジットカードなら↓

↓ショッピング保険付帯のクレジットカードなら↓

一部使えないインターネット加盟店がある

ネットショッピングする時にも、「三井住友銀聯カード」には注意点があります。先ほどAmazonでも「銀聯カード」が使えると紹介しましたが、一部のインターネット加盟店では「三井住友銀聯カード」が使えないことがあるのです。「三井住友銀聯カード」の国際ブランドは「銀聯」のみ、インターネット加盟店も多いVISAやMasterCardは選べません。ネットショップをよく利用する方は、VISAやMasterCardも一枚作成したほうが良いでしょう。

VisaやMastercard会員向けの一部サービスが利用できない

「三井住友銀聯カード」では、VisaやMastercard会員向けに提供している一部サービスの利用ができません。世界主要都市にある「VJデスク」、国際線航空券やホテルの予約手配を行う「エアライン&ホテルデスク」などを利用したいと考えている方は、注意が必要です。カードの利用は国内のみという方が「三井住友銀聯カード」を作成しても、メリットは少ないです。素直にVISAやMasterCard、JCBといった国内加盟店の多い国際ブランドを選んだほうが良いでしょう。

↓世界No.1シェア!VISAカードのおすすめはコレ!↓

MUFG 銀聯カードのデメリット

「MUFG 銀聯カード」にあるデメリットについては、次をご覧下さい。

単独では作れない

「三井住友銀聯カード」であれば、単独で作ることが可能です。しかし、「MUFG 銀聯カード」は追加カードであるため、単独では作れないデメリットには注意して下さい。単独で作りたい方は、「三井住友銀聯カード」を選ぶと良いでしょう。

国内では通常通りのポイント1倍

その他にも、「MUFG 銀聯カード」でポイント2倍になるのは海外銀聯加盟店のみです。国内では通常通りのポイント1倍という点にも注意して下さい。

↓国内でもポイント高還元のクレジットカードなら↓

共通のデメリット

「三井住友銀聯カード」と「MUFG 銀聯カード」には、キャッシング枠がありません。どちらもショッピング専用カードとなることを予め理解してから、申込みしましょう。

銀聯カードがおススメな人

「銀聯カード」がおススメな人は、次をご覧下さい。

  • 中国への観光旅行や出張に行くので、カードを持っていきたい人
  • 中国のお店で現金払いを断られたことがある人
  • 中国のお店でVISAやMastercardが、使えなかったことがある人
  • 中国のお店でも、ポイントが貯まるカードが欲しい人
  • 世界で市場拡大中の国際ブランド「銀聯」を使ってみたい人

まとめ

今注目の「銀聯カード」について徹底検証してきましたが、如何でしたか?最近では日本でも「銀聯カード」が発行されているため、日本人でも気軽に入手できるようになりました。「銀聯カード」があれば、中国のお店で貰ったお釣りが偽物だった…という心配もなくなります。中国に行く時に「銀聯カード」を持っていると、安心感が違うでしょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る