海外旅行におすすめのクレジットカード3選。便利なカードの使い方と損をしない両替方法を丁寧に解説

  • 作成
  • 更新

年に1回以上は海外旅行に行くという方も最近では少なくないと思いますが、海外旅行に行く際にはクレジットカードは必需品ですよね。現金が無くても、クレジットカードで買い物出来ますし、何かトラブルがあった場合の為に保険が付いていることがあります。「近々海外旅行に行くんだけど、クレジットカードを持っていない」という方に、クレジットカードの魅力や活用方法をご紹介しましょう。

海外旅行でクレジットカードはマスト!?

日本国内を旅行するには、クレジットカードを持っていなくても特に不便と感じないこともあるかもしれませんが、海外では必要不可欠なアイテムとなるんです。

海外旅行のマストアイテムとしてクレジットカードが欠かせない理由

  1. 身分証の代わりになる

個人で海外旅行をする際には、ホテルにチェックインする時にクレジットカードの提示を求められるほど大切なアイテムとなります。クレジットカードは身分を証明するものとして必要です。

  1. 現金を持ち歩かなくて良い

クレジットカードがあれば現金が無くても買い物することが出来ますし、もしも現金が必要な場合にはATMでキャッシングすることも可能です。また、海外で安全面を考えると多額の現金を持ち歩くのは不安なのもありますが、いくつかの国を巡る旅行の場合には、現地の通貨が異なるので両替する必要があります。しかし、クレジットカードがあれば両替しなくて良いので安心ですね。

  1. 海外での買い物でもポイントを貯められる

クレジットカードを利用して買い物をするとポイントを貯めることが出来ますが、海外でクレジットカードを利用してもポイントを貯めることが出来るんです。お買い物を目当てにした海外旅行の場合には、より多くのポイントが貯められますね。

海外旅行で徹底的に活用しよう!

海外旅行にクレジットカードが必要な理由は他にも沢山あります。

クレジットカードには海外旅行傷害保険や会員向けの便利なサービスがあるので、それらを活用して旅行を楽しみましょう。

どんな保険がある?

クレジットカードには海外旅行保険が付帯しているものがあります。

内容は、旅行中の事故によるケガ・病気による治療費や傷害死亡・後遺症に対する保険金から、誤って他人にケガをさせた時の賠償責任も補償されます。

また、携行品損害や救護者費用(もしもの場合に救助や家族を現地に呼ぶ際の費用)もカバーしてくれるんです。

海外の医療費は高額になることが多いですから、もしもの場合に備えて保険が付いているクレジットカードがあると安心です。

そして、知っていて損はしない事として、海外旅行保険が付いているクレジットカードを複数保有している場合には、保険金を合算出来る場合があります。

傷害死亡や傷害後遺障害の場合、保有しているクレジットカードの中で補償金額が一番高いものが適用されるんです。それ以外の疾病治療費用、傷害治療費用などは補償金額を合算させることが出来ます。

例えばメインのクレジットカードの疾病治療費用が最高300万円、予備のクレジットカードが最高100万円だとすると、合算されて最高400万円まで補償してもらえるんです。

しかし、海外旅行保険は必ず適用されるものではなく、「自動付帯」「利用付帯」の違いに注意しなければいけません。

自動付帯の場合には、クレジットカードを保有していれば自動的に付帯されますが、利用付帯の場合はクレジットカードで旅費を支払うことで補償を受けられる仕組みになっているので気をつけてくださいね。

その他知っておくと便利なサービスは?

アメックスカードのようなステータスカードには、自宅から国際線のある空港にスーツケース1個を送料無料で届けるサービスがあり、移動時にかなり楽になります。

もちろん帰国した時にも自宅まで送料無料で配送してくれるので、疲れた体にはありがたいサービスですね。

他にも、カード会社によってはコートなどの防寒着の一時預かり、海外レンタカーの割引、Wi-Fiレンタル、空港ラウンジを使えるサービスが用意されています。

海外使用でのレートや手数料を解説します

円の価値を決めるものに、為替レートというものがあります。

円を現地の通貨と両替する場合には、手数料を払う必要があるので損をしてしまうんです。

クレジットカードを利用するにしても手数料が発生するのですが、お金を両替するよりも安く済むメリットがあります。

クレジットカードの手数料や為替レートは国際ブランドが決定しているのですが、為替レートは日々変動しています。

クレジットカードに適用される為替レートは、カードを使って買い物をした日ではなく、決済情報が日本のカード会社に届いた日のものになるんです。

その間タイムラグが発生しますから、為替レートが大きく変動すると得することもあれば損することもあります。

国際ブランドごとの為替手数料

国際ブランド

為替手数料(%)

VISA

1.63

Mastercard

1.63

JCB

1.60

AMERICAN EXPRESS

2.00

Diners Club

1.30

例えばアメリカに旅行に行った時、200ドル分をVISAのクレジットカードで買い物したとしましょう。

日本円の換算すると、為替レートが1ドル=110円の場合、200ドル×110円=22,000円になります。

次に22,000円の手数料を計算してみましょう。

VISAの手数料は1.63%ですから、22,000円×1.63%=358円となります。

そして、手数料を含めたトータルの金額は22,000円+358円=22,358円ということになるんです。

海外旅行でおすすめのクレジットカードはこれ!

国内には1,000種類以上のクレジットカードがあると言われていますが、その中から海外旅行に持って行きたいオススメのクレジットカードをご紹介しましょう。カード選びのポイントですが、渡航先によっては取扱いが少ない国際ブランドがあります。

JCBカードはアジアを中心とした地域では使えるお店が多いのですが、その他の地域では使えないことがあるんです。

5大国際ブランド(VISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナース)の中でも、VISAを持っておくと世界各地どこに行っても困りません。

また、不測の事態に備えて、海外旅行に行く際には複数のクレジットカードを持って行くと良いでしょう。

  1. 三井住友VISAカード

VISAのクレジットカードと言えば、三井住友VISAカードですよね。

このカードは年会費が1,250円必要なのですが、入会初年度は無料になっており、翌年度以降も「マイ・ペイすリボに登録」「年に1回以上の利用」で年会費を無料にすることが可能になります。

また入会申し込みをしてから最短で3営業日で発行されるのもオススメの理由です。

三井住友VISAクラシックカード

総合評価
4.7
VISAカードといえば三井住友VISA!年会費初年度無料で、簡単条件で2年目以降も無料!

日本で初めてVISAカードを発行したのは三井住友VISA!年会費が安いのに電子マネーとの提携が充実しており、さらに100円で1マイルためられるバランスの良いカード!裏面に顔写真入りICカードを選べば安全性がぐんとアップ!

  • 「ポイントUPモール」経由のお買物で、amazon、楽天市場、Yahoo!の獲得ポイントが最大20倍!
  • 「マイ・ペイすリボ」登録と前年1回以上のカード利用で翌年度年会費が無料でお得!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険と年間最高100万円のショッピング保険の充実補償で安心です!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.5%~1.0% 最短3営業日
無料 年会費
無料
  1. 楽天カード

楽天カード年会費無料で、国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBの中から選ぶことが出来ます

年会費が無料なのに、海外旅行保険も付いているので、大変お得なクレジットカードと言えますね。

楽天スーパーポイントを貯めることが出来るので、楽天をよく利用される方はぜひ作っておきたいカードです。

楽天カード

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料
  1. アメックスゴールドカード

ステータスカードとしてお馴染みのアメックスカードですが、その中でもワンランク上のゴールドカードがオススメです。年会費は29,000円(税抜)と少々高くなっていますが、手荷物無料宅配サービスや国内主要空港の空港ラウンジの利用が無料など贅沢なサービスが充実しています。また、国内外の高級レストランでの食事が半額で利用出来るのもうれしいですね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

総合評価
4.3
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と無料ラウンジ利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 国内外の空港ラウンジが同伴1名まで無料で利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
無料 29,000円(税別)

まとめ

海外旅行に行くことが決まっているけど、まだクレジットカードを持っていない方には特に参考になったかと思います。

慣れない国での買い物をするにはクレジットカードの方が便利で安全です。

もしもクレジットカードが使えない時や、もしもの時の補償を充実させるには、1枚よりも複数のクレジットカードを持って行くと不測の事態の時に役立ちます。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る