ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は本当にマイルが貯まるのか徹底検証!知っておきたいデメリットも解説します

  • 作成
  • 更新

陸マイラー、空マイラーに注目されているのがソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCBです。いわゆる「交通系クレジットカード」の系統に入ります。今回の記事ではソラチカカードにはどんな魅力があるのか、デメリットや審査基準など様々な点から徹底解説していきます。マイルを効率よく貯めたい方も注目してみて下さい。

ソラチカカードとは

ANA(全日本空輸)のANAカード、東京メトロ(東京地下鉄)のTo Me CARD、電子マネーPASMOが一枚になったのがソラチカカードです定期券機能も付いているため、携帯するカードの枚数が少なくなります。国際ブランドはJCBのみ、VISAやMastercardは選べません。JCBのポイントサービス「Oki Dokiポイント」により、利用代金1,000円につき1ポイント貯まります

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

ソラチカカードの魅力

次からはソラチカカードの魅力について解説していきます。年会費やオートチャージ、マイルコース、ポイント還元などが気になる方はご覧下さい。

年会費は

ソラチカカードの年会費は本会員2,000円税抜の設定です。初年度は年会費無料になるため、2年目以降から年会費の支払いとなります。年会費無料の一般カードがたくさんある中、年会費2,000円は特にお得感はありません。しかし、ソラチカカードでは継続ボーナスマイル(1,000マイル)があります。マイルの価値は使い道次第で変わりますが、1マイル=2円の価値で計算した場合、継続ボーナスマイルは2,000円相当です。継続ボーナスマイルだけで殆ど年会費をカバーできると言えるでしょう。さらに通常入会時にもボーナスマイル(1,000マイル)が貰えるため、初年度もお得になります。

「マイルコース」とは

ソラチカカードで貯めた「Oki Dokiポイント」をANAマイルに交換できるのが「マイルコース」です。「マイルコース」では次の4コースを用意しています。

  • マイル自動移行コース10マイル/1ポイント=10マイル/5,000円
  • マイル自動移行コース5マイル/1ポイント=5マイル/なし
  • マルチポイントコース10マイル/1ポイント=10マイル/5,000円
  • マルチポイントコース5マイル/1ポイント=5マイル/なし

(コース名/移行レート/マイル移行手数料)

マルチポイントコーでは都合の良いタイミングで貯めたポイントをマイルへと移行できます。マイル自動移行コースでは貯めたポイントが自動的にマイルへと移行されます。わざわざ移行手続きを行うのが面倒という時はマイル自動移行コースを選びましょう。マイル自動移行コース10マイルとマルチポイントコース10マイルでは移行レートが高い代わりにマイル移行手数料がかかります。マイル自動移行コース5マイルとマルチポイントコース5マイルではマイル移行手数料がかからない代わりに移行レートが半分になります。どの「マイルコース」がお得になるのか、良く計算してから選びましょう。

オートチャージ機能について

ソラチカカードにはPASMOのオートチャージ機能が付いています。PASMOはプリペイド型電子マネーのために事前のチャージが必要です。残高が不足するたびに手動でチャージするのでは面倒と感じた事はありませんか?PASMOのオートチャージ機能であれば残高が設定以下になると自働的に設定分のチャージが行われるため、わざわざ手動でチャージする手間はかかりません。オートチャージは改札機を通るタイミングで行われるため、残高不足で改札機が通れないといった心配はありません。その他にもオートチャージでも「Oki Dokiポイント」が貯まるメリットがあります。

デフォルトでは残高2,000円以下になると3,000円チャージされる設定になっています。オートチャージの設定を都合の良い金額に変更しておきましょう。ちなみに1,000円から10,000円まで、1,000円単位でオートチャージの設定が行えます。ただし、オートチャージの設定変更はPASMOエリアの駅まで出かけることが必要です。オートチャージには1日10,000円、1か月50,000円の限度額がある点にも注意して下さい。

多機能券売機にてオートチャージの設定変更の流れは次の通りです。

  1. 初期画面にて「PASMO」を選択する
  2. PASMOの手続き選択画面にて「オートチャージのご利用設定」を選択する
  3. オートチャージ設定変更画面にて「金額の変更」を選択する
  4. オートチャージ金額変更画面にて設定内容の変更を行う
  5. 変更後の金額を確認したら「入力完了」ボタンを押す

ポイント還元

ソラチカカードを利用する前に把握しておきたいのがポイント還元です。「Oki Dokiポイント」では1ポイント=5円の価値があるため、一般加盟店でソラチカカードを利用した時の還元率は0.5%です。還元率1.0%以上のクレジットカードが見られる中、還元率0.5%ではお得がありません。しかし、使い方次第では還元率がアップします。

「Oki Dokiポイント」利用でボーナスポイント付与

JCBではボーナスポイントが貰えるポイントサイト「Oki Doki ランド」を運営しています。「Oki Doki ランド」経由でお買い物し、ソラチカカードで支払いすると通常より2倍から最大20倍までポイントがアップするのです。「Oki Doki ランド」には次のような様々なカテゴリのショップが加盟中です。

  • 百貨店/スーパー:東急百貨店/三越オンラインストアなど
  • 家電量販店:ビックカメラ/ジョーシン/ケーズデンキオンラインショップなど
  • 本/CD/DVD:楽天ブックス/ブックオフオンライン/タワーレコードオンラインなど
  • ファッション:ベルメゾンネット/セシール/ユニクロオンラインストアなど
  • グルメ:オイシックス/イトーヨーカドーネットスーパー/成城石井.comなど
  • インテリア/生活用品:ロフトネットストア/アイリスプラザ/ディノスオンラインショップなど
  • キッズ/ベビー用品:アカチャンホンポ/ミキハウス公式オンラインショップなど
  • スポーツ用品:ナイキ公式オンラインストア/エディーバウアーオンラインストアなど
  • 旅行:JCBトラベル/楽天トラベル/じゃらんレンタカーなど

上記以外にもたくさんのショップが加盟しているため、ネットで注文する時は「Oki Doki ランド」経由を忘れずに行いましょう。

「JCB STAR MEMBERS」でボーナスポイント付与

ソラチカカードは「JCB STAR MEMBERS」の対象です。「JCB STAR MEMBERS」ではステージに応じたボーナスポイントが付与されます。次のように年間利用代金によってステージとポイントアップ率が変わります。

  • 50万円以上:スターβ:10%アップ
  • 100万円以上:スターα:20%アップ

年間利用代金が50万円以上ある方は「JCB STAR MEMBERS」によりお得になるでしょう。しかしボーナスポイントはマイルへの移行レートが低くなっています。1ポイント=3マイルとなっているため、大きなお得感はありません。ちなみに「Oki Doki ランド」で付与されたボーナスポイントも1ポイント=3マイルの移行レートとなります。

乗車や加盟店で貯まるメトロポイント

ソラチカカードでは東京メトロに乗車するごとにメトロポイントが貯まります平日は5ポイント、土休日は15ポイントとなっており、土休日での乗車がお得です。一般のTo Me CARDでも乗車ごとにメトロポイントが貯まりますが平日は2ポイント、土休日は6ポイントとなります。

さらに、メトロポイントPlus加盟店にて電子マネーPASMOで支払いしてもメトロポイントが貯まります。店舗では200円につき1ポイント、自動販売機では100円につき1ポイント付与です。1メトロポイント=1円の価値で計算した場合、店舗では還元率0.5%、自動販売機では還元率1.0%になります。乗車するごとに付与されるメトロポイントはさらに高還元のため、東京メトロを良く利用する方はソラチカカードを持っているとお得です。

マイル還元

ソラチカカードで貯めたポイントをマイルへ移行した時の還元率がどうなるのか気になりませんか?先ほどと同じように1マイル=2円の価値で計算した場合、還元率は以下のようになります。

  • 5マイルコース:ポイント還元率0%
  • 10マイルコース:ポイント還元率0%

ソラチカカードはマイルへの移行がお得なクレジットカードとなっています。

ANAカードマイルプラス加盟店利用でマイル付与

ANAカードマイルプラス加盟店にてソラチカカードを利用すると100円または200円につき1マイル付与されます。マイルを効率よく貯めたい時はANAカードマイルプラス加盟店を積極的に利用しましょう。ANAカードマイルプラス加盟店の一部を次に紹介しておきます。

  • イトーヨーカドー
  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • ヤマダ電機LABI
  • スターバックス
  • 高島屋
  • ハマノホテルズ
  • プラザホテル
  • カヌチャリゾート
  • ENEOS
  • 東京MKタクシー
  • ニッポンレンタカー
  • 羽田空港ペットホテル
  • グローバルWiFi
  • ANAショッピング A-styleなど

ANAカードマイルプラス加盟店では直接マイルで貯まるために「Oki Dokiポイント」からマイルへ移行する手間はかかりません。詳しいANAカードマイルプラス加盟店の情報を知りたい時は、ANA公式サイトで検索してみましょう。

飛行機搭乗で付与されるフライトマイルとボーナスマイル

ソラチカカードでは飛行機搭乗ごとにフライトマイルが貯まります。フライトマイルの対象はANAグループ便、スターアライアンス加盟航空会社便などです。スターアライアンスは大きな航空連合となっており、加盟航空会社がたくさんあるためフライトマイルが貯まる機会は多いでしょう。一部スターアライアンス加盟航空会社を次に紹介しておきます。

  • 全日本空輸(ANA)
  • ユナイテッド航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • オーストリア航空
  • 中国国際航空
  • アシアナ航空
  • タイ国際航空
  • シンガポール航空
  • エジプト航空など

さらに、ソラチカカードでは飛行機搭乗ごとにボーナスマイルが付与されます。貰えるボーナスマイルは「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」です。区間基本マイルはANA公式サイトにあるマイレージチャートにて分かります。発着路線ごとに区間基本マイル(100%)が掲載されているために分かりやすいです。

貯めたマイルはANA特典航空券に交換できる

貯めたマイルの交換先として大きな魅力となっているのがANA特典航空券です。路線やシーズン、片道・往復などにより、ANA特典航空券への交換に必要なマイル数が異なります。ANA国内線特典航空券では例えば次のようなマイル数が必要です。

  • 東京⇔大阪:片道:L5,000/R6,000/H7,500
  • 東京⇔沖縄:片道:L7,000/R9,000/H10,500

(Lはローシーズン、Rはレギュラーシーズン、Hはハイシーズン)

ANA国際線特典航空券は往復のみとなっており、片道はありません。目的地が韓国、ローシーズンであれば往復12,000マイルでANA国際線特典航空券への交換ができます。後程紹介するキャンペーンを上手に活用すれば、ANA特典航空券への交換の近道となるでしょう。特典航空券への交換に必要なマイル数はANA公式サイトにあるシーズン・必要マイルチャートで調べられます。

ANAカード共通のサービスを利用できる

ソラチカカードではANAカード共通のサービスを利用することが可能です。次にANAカード共通サービスについて詳しく見ていきましょう。

国内航空傷害保険

飛行機搭乗中、飛行場構内で起きたケガについて補償しているのが国内航空傷害保険です。国内航空傷害保険の補償内容は次のようになっています。

  • 傷害死亡:1,000万円
  • 傷害後遺障害:40万円~1,000万円

入院や手術、通院の補償は受けられませんので注意して下さい。

海外旅行傷害保険

海外滞在中のリスクに備えられるのが海外旅行傷害保険です。海外旅行傷害保険の補償内容は次をご覧下さい。

  • 傷害死亡:1,000万円
  • 傷害後遺障害:40万円~1,000万円
  • 救援者費用:年間100万円

傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害の補償は受けられません。

割引運賃になる「ビジネスきっぷ」

出張で飛行機に搭乗する時にお得なのが割引運賃になる「ビジネスきっぷ」です。予約を入れた後、急用ができた時でも搭乗日の当日まで予約変更が行えます。「ビジネスきっぷ」ではマイル100%、「プレミアムビジネスきっぷ」ではマイル150%付与、出張費用の節約も期待できるサービスとなっています。

ANA国内線・国際線の機内販売にて割引

ソラチカカードを持っているとANA国内線・国際線の機内販売が10%割引となります。カードで支払いする場合、次のような上限には注意して下さい。

  • ANA国内線機内販売:1便につき8万5,000円まで
  • ANA国際線機内販売:1便につき20万円まで

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの宿泊料金割引

IHG・ANA・ホテルズグループジャパではベストフレキシブル料金(予約日や滞在日程によって料金が変わる)が5%割引となります。宿泊を伴う旅行や出張などでホテル料金を節約したい時に便利な割引サービスです。

空港内店舗「ANA FESTA」で割引

空港内店舗「ANA FESTAにて1,000円以上お買い物し、レジでカードを提示すると10%割引が適用されます。スターバックスなど一部対象外の店舗や商品がありますので、分からない時は店舗スタッフに質問してみましょう。

ANA国内外ツアーで割引

ソラチカカードを持っているとANA国内外ツアーの料金が5%割引されます。国内旅行は「ANAスカイホリデー」、海外旅行は「ANAハローツアー/ANAワンダーアース」が割引の対象です。同伴者は割引の対象外となりますので注意して下さい。

ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で割引

ショッピングサイト「ANAショッピング A-styleでは5%割引でお買い物できます。「ANAショッピング A-style」にはANAオリジナル商品、トラベルグッズ、ファッション、グルメ、お酒など様々な商品が揃っています。貯めたマイルをANAショッピングポイントに交換し、お買い物時に使うことも可能です。

ANAグループ空港内免税店で割引

ANAグループ空港内免税店では5%割引で購入することが可能です。割引対象となる空港内免税店は成田空港、羽田空港、関西空港、那覇空港にあります。

飛行機の搭乗が楽になるスキップサービス

ソラチカカードにはANAカードの機能であるスキップサービスも利用することが可能です。飛行機に搭乗する際、混雑しているとイライラすることはありませんか?ANAでは保安検査場の通過が出発15分前までに済ませることが必要です。手荷物がある場合は20分前までにカウンターにて手荷物を預けることが必要です。スキップサービスであれば保安検査場へスキップ、後は端末に表示させた2次元バーコードを読み取り装置にかざすだけ、飛行機への搭乗がスムーズになるのが魅力です。ソラチカカードではApple Payの設定できるため、事前に設定済みのiPhoneも準備しておくと飛行機への搭乗がさらに楽になるでしょう。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

家族カード

ソラチカカードでは家族カードの追加が可能です。家族カードの年会費は次のようになっています。

  • 家族会員1,000円税抜
  • 本会員の年会費が無料なら家族会員の年会費も無料

本会員の信用を元に発行されるのが家族カードです。クレジットカードの審査に不安があるという家族にもソラチカカードを利用させたい時は家族カードに申込みすると良いでしょう。

ソラチカカードのデメリット

ソラチカカードには陸マイラー、空マイラーにはお得ですがいくつかのデメリットがあります。どんなデメリットがあるのか気になる方は次をご覧下さい。

制度の改悪!?を検証

ソラチカカードではメトロポイント⇔マイルの相互交換ができます。それぞれの交換レートは次の通りです。

  • 10,000マイル=メトロポイント10,000ポイント
  • メトロポイント100ポイント=90マイル

今まではメトロポイントとマイルの相互交換できる特徴を生かし、お得にマイルを貯める裏ワザが使えました。それはお小遣いサイトで稼いだポイントをポイントサービスを経由させ、メトロポイントからマイルへ交換するという方法です。経由に使えるポイントサービスはドットマネー、Gポイント、PeX、ネットマイルと複数あります。メトロポイントからマイルへの交換率は90%になる計算です。裏ワザによってお小遣いサイトで稼いだポイントを効率よくマイルへ交換できました。

しかし制度の改悪があり、2018年4月からドットマネー、Gポイント、PeX、ネットマイルとの提携が終了となったのです。お小遣いサイトで稼いだポイントをメトロポイントに交換する経由地点が少なくなりました。

ただし、LINEポイントを経由し、メトロポイントに交換する方法はまだ残されています。LINEポイントは300、500、1,000単位でメトロポイントに交換することが可能です。しかし細かい単位で交換できないため、端数が出るとムダが生じてしまいます。交換率90%から80%ほどまで落ちてしまうことがあるため注意して下さい。

その他にも注意したいのが、ポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントへと直接交換できない場合です。PeXなどのポイントサービス経由が必要になると、経由地点が増えるため、最終的には交換率80%以下まで落ちることがあるのです。

しかしクレジットカードでコツコツポイントを貯めても、マイルへ移行すると半分になることはありませんか?制度の改悪後はソラチカカードのお得感が減りますが、まだまだ陸マイラー、空マイラーにとってはお得なクレジットカードと言えるでしょう。ただし将来改悪がある可能性には注意して下さい。

搭乗ごとのボーナスマイルにあるデメリット

前述したようにソラチカカードには搭乗ごとのボーナスマイルがあります。しかし、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」はそれ程高くはありません。ANAワイドカードやANAゴールドカードでは最後の数字が25%、ANAカードプレミアムでは50%もあります。

ソラチカカードで付与される搭乗ごとのボーナスマイルはANA一般カードと同じ水準ということを事前に把握しておきましょう。

ANA JCB ワイドカード

総合評価
4
出張や旅行でANA利用者におすすめで、優待と補償がステータスカード並み!

通常カードに比べ搭乗時ボーナスマイルが通常の10%ではなく25%も貯まる。ショッピングポイントのマイル移行に加え、フライトや提携店でのお買い物は100円で1マイルが貯まるマイラー必見のカードです!

  • カード入会時と毎年のカード継続時に2,000マイルがプレゼントされます!
  • ANA国際線エコノミークラス利用でもビジネスクラス専用CLUB ANAチェックインカウンターが利用できる
  • ステータスカード並みの最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯で安心!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~3.5% 最短3営業日
7,250円(税別) 7,250円(税別)

マイル移行上限がある

ソラチカカードでのメトロポイントには月間18,000マイルまでというマイル移行上限があります。

年間だと18,000マイル×12か月=上限216,000マイルとなる計算です。本会員一人で年間216,000マイル以上も移行しない場合なら問題ありません。しかし、家族会員が貯めたポイントは本会員に合算される家族カードが多いことを思い出してみて下さい。

ソラチカカードの家族カードでは飛行機に搭乗した時のマイルは家族会員に貯まります。しかし、お買い物した時のマイルは本会員に貯まる仕組みになっています。マイル移行上限が気になる時は家族一人ひとりソラチカカードの本カードを作成したほうが良いでしょう。

交換してから使えるまでが遅い

先ほどソラチカカードではメトロポイントとマイルの相互交換ができることを説明しました。しかし、交換手続きから使えるようになるまで、期間がかかります。マイル→メトロポイントに交換する場合はおよそ2か月、メトロポイント→マイルへ交換する場合はおよそ1か月から2か月が目安です。交換手続きしたらすぐに使えるという訳ではありません。交換後のメトロポイントまたはマイルを使う予定がある時は早めに交換手続きして下さい。

「To Me CARD Prime」との併用不可

「To Me CARD Prime」は平日10ポイント、土休日20ポイント、乗車ポイントがお得に貯まるカードです

東京メトロを良く利用している方はソラチカカードと併用すれば、さらにお得になると思いませんか?しかし「To Me CARD Prime」との併用はできません。ソラチカカードを持っている方の場合、新規作成ではなく切り替えとなりますので注意して下さい。

以前はANA JCBカードも併用不可だったのですが、2015年4月よりソラチカカードとの2枚持ちができるようになりました。既にANA JCBカードを作成済みという方でも、切り替えせずにソラチカカードへの新規申込みが可能です。

ソラチカカードの審査基準

ソラチカカードの入会条件は次の通りです。

  • 年齢18歳以上の方(高校生を除く)
  • 安定した継続収入を得ている方(本人または配偶者)

学生の方でも年齢18歳以上であればソラチカカードに申込みすることが可能です。入会条件を見る限り、審査基準はそれ程厳しくないことが想定されます。

専業主婦でも審査に通る?

配偶者に安定した継続収入があれば専業主婦でも審査に通る可能性があるでしょう。専業主婦の場合、ソラチカカードの申込みフォームにある職業の項目にて「申込み本人が無職で配偶者に収入がある方」を選んで申込みして下さい。

年収は幾らで申告する?

パートやアルバイト、正社員など給与を貰っている方は前年度の税込み年収を申告して下さい。新社会人や転勤したばかりなどで前年度の税込み年収が分からない場合は見込みの年収で構いません。1年間勤務していない場合は月収×12か月=年収で申告しましょう。クレジットカードの審査では年収が多いほど有利になります。手取りの年収ではなく、引かれる前の総額年収で申告すると良いです。ただしウソの年収を申告すると審査が不利になるために止めて下さい。年齢、職業、雇用形態、勤続年数などで年収の予測がある程度できるのです。

審査での必要書類

ソラチカカードの審査を受ける時に必要なのが書類の提出です。オンライン申込みであれば必要書類を画像化し、アップロードで提出できます。必要書類には次のような種類があります。

  • 本人確認書類(運転免許証/パスポート/マイナンバー/在留カード/特別永住者証明書/住民票の写しなど)
  • 収入証明書類(源泉徴収票/納税通知書/確定申告書/給与明細書など)

キャッシング枠を希望した時に求められるのが収入証明書類です。

カードが届くまでの日数は?

オンラインでソラチカカードに申込みした場合、およそ1週間で発行されます。申込みからカードが手元に届くまで10日から2週間位はかかると思ったほうが良いでしょう。早めに発行して貰いたい時はキャッシング枠ゼロで申込みしてみて下さい。

電話はかかって来る?

クレジットカードの審査を受ける際、自宅や勤務先に電話がかかって来るのか気になりませんか?ソラチカカードの審査では申込み内容確認のため、自宅や勤務先に電話がかかって来ることがあります電話に出ないと審査に落ちる恐れがあるため、きちんと対応して下さい。勤務先に電話がかかって来てもクレジットカードの審査であれば職場の人に知られても問題ないでしょう。

今なら、限定特典・キャンペーン!

ソラチカカードではご入会特典で最大18,700マイル相当プレゼント₍※1₎を実施しています。キャンペーン締め切りは、2019年1月14日までの限定となっています。

<キャンペーン詳細>

  • 通常入会ボーナスマイル 1,000マイル₍※1₎
  • ANA JCBカードに入会/切り替え&MyJチェック登録で 1,200マイル相当をプレゼント
  • カードのご利用で最大16,500マイル相当₍※1₎

(※1 Oki Dokiポイントをマイルに移行・交換した場合)

キャンペーン期間は、2019年1月14日までとなっています。入会を検討されている方は、この機会を是非お見逃しなく!

ソラチカカードがオススメな人

ソラチカカードがオススメな人を次に紹介しておきます。

  • 旅行や出張などで飛行機に良く搭乗する人
  • 通勤通学などで東京メトロを良く利用する人
  • 貯めたポイントをお得なレートでマイルへ移行したい陸マイラー、空マイラーの人
  • 電子マネーPASMOを利用したい人
  • クレジットカードと定期券を一枚にしたい人
  • 貯めたマイルをANA特典航空券に交換したい人

まとめ

今回の記事ではソラチカカードについて徹底解説してきました。ソラチカカードでは上記のように飛行機への搭乗でマイル、東京メトロでの乗車でメトロポイント、カードでのお買い物でOki Dokiポイントが貯まります。1枚のクレジットカードで3つのポイントが貯まる「交通系クレジットカード」です。制度の改悪がありましたが、まだまだお得なレートでマイルへ移行できます。年会費2,000円税抜も継続ボーナスマイルの獲得で殆どゼロ、使い方次第ではプラスも期待できるため、陸マイラーや空マイラーの人は注目してみて下さい!

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

総合評価
4.1
ANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントがたまる!陸マイラー必須のカード!

ANAカードとTo Me CARDの機能がひとつになった初年度年会費無料のソラチカカード。日々のショッピングと東京メトロ利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでたまる!ポイントはマイル移行ができるのでマイラーにおすすめ!

  • 東京メトロの定期券購入にご利用で、メトロポイントとOkiDokiポイントがダブルでもらえます!
  • 東京メトロ乗車ごとに平日5ポイント、休日15ポイントがたまり、メトロポイント100ポイントを90マイルに移行できる
  • 最高1,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯で安心
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.3%~1.0% 最短3営業日
無料 2,000円(税別)

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る