招待日和が利用できるクレジットカードを比較!ユーザーの口コミや評価も紹介します!

  • 作成
  • 更新

デートやビジネスディナー、友達との食事などを一流のレストランで楽しめると嬉しいですが、料金が高くてなかなか機会が訪れないものでしょう。

クレジットカードの中には、レストランを2人以上で利用する際に1人分の料金を無料にできる「招待日和」の特典が付帯されているものもあります。

招待日和の特典はクレジットカードごとに異なり、特典の利用方法もそれぞれ異なっている場合があるので注意が必要です。

この記事では、招待日和の魅力や使い方、招待日和を利用できるおすすめのクレジットカードについても解説します。一流レストランをお得に楽しみたい方は、参考にしてください。

招待日和とは

招待日和とは、株式会社フィールドプランニングが展開しているサービスです。

クレジットカード会社ごとに特典の内容は若干異なりますが、基本的に対象のレストランを2人以上で利用する際にサービスの提供を受けることができます。

本来は資格を持つ人しか招待日和への会員登録・特典の利用ができません。

しかし、サービスが付帯されているクレジットカードを持っている場合は例外として招待日和を利用できます。

一流のレストランは日常生活中や特別な日、ビジネスにおける会食など様々な場面において重要な役割を果たせるものです。

一流レストランでのお食事を楽しみたい方は、クレジットカードを申し込む際招待日和の特典が付帯されている物を選ぶのも良いでしょう。

招待日和の魅力

招待日和の特典は豪華で、レストラン利用時やホテルへの宿泊時などに活用できます。

ここからは、招待日和の魅力を詳しく解説するので、特典について詳しく知りたい方はご覧ください。

一流レストランのコースが2名以上利用時に1名分無料!

招待日和は、基本的にどのクレジットカードの特典でも「レストランのコースメニューを2人以上で利用した際に、1名分の料金を無料にできる」のが特徴です。

一流のレストランの高級メニューは、数千円〜数万円と高額です。なかなか費用の捻出が難しいケースもあるでしょう。

しかし、招待日和の特典があるクレジットカードさえ持っていれば、例えば二人で訪れる場合、本来かかる費用を一気に半分にまで削減できるのです。

招待日和は、友人、恋人、取引先の重要な人物などとレストランで豪華な食事を楽しみたい時の大きな助けとなります。

ハワイなどの海外レストランでも活用できる

招待日和は、国内のレストランだけでなくハワイなどの海外にあるレストランでも特典を利用できます

ただし、招待日和の対象店舗はクレジットカードごとに店舗数・種類が異なるので、どこか特定のお店でサービスを受けたい場合は事前にしっかり利用できることのチェックをしておくように気をつけましょう。

お店側にとっては宣伝となるので、負担になっていない

本来は、レストランのコースメニューは数千円〜万単位の高額な料金がかかるので、「利用するとサービスの質が下がるのではないか」、「店側に損はないのか」などの心配が浮かぶかもしれません。

しかし、招待日和があれば、結果的にお店にとっては他の利用を考えている方などにとっての宣伝となるので、損にはなっていないのです。

もちろん、招待日和を利用したとしてもサービスの質は下がりません

ホテルは特別料金で快適ステイ♪

招待日和の特典は、レストランでのコースメニュー割引だけではありません。

すべてのカードで特典を利用できるとは限らないため注意が必要ですが、招待日和のサービスには「ホテルの優待宿泊」も含まれています。

例えば、旅行や出張などの場面において、食事を楽しんでから豪華なホテルで一日の疲れを回復させたい場合があるでしょう。

招待日和の会員なら、以下の6つのホテルにおいて優待を受けられます。

  • ホテルモントレエーデルホフ札幌
  • ホテルモントレ半蔵門
  • ホテルモントレ グラスミア大阪
  • グランド ハイアット福岡
  • ザ クラウンパレス新阪急高知

シングルやツインなどの部屋を特別価格で利用できるので、合わせて特典を活用しましょう。

医師しか入会できない???クレカで招待日和を利用したい!

以前に、招待日和について調べてみて、「医師しか入会できない」などの情報を聞いて心配になっている方もいるかもしれません。そこで、ここからは、招待日和を使える人について詳しく解説します。

どんな人が招待日和の利用対象で、利用までに何をする必要があるのか知りたい方は参考にしてください。

通常は有料で、サイトから会員の入会申し込みが必要

招待日和は、本来公式サイトから申し込み手続きをしなければ使えません

しかも、招待日和のサービスは、本来高額な年会費がなければ利用できないのです。

招待日和の、本来の年会費は以下の通りとなっています。

個人会員の場合

  • 入会金無料
  • 年会費30,000円(税抜)、月会費払いの場合2,500円(税抜)

団体・法人の場合

  • 入会金無料
  • 年会費36,000円(税抜)、月会費払いの場合3,000円(税抜)

高額な利用料金がかかることもあり、あまり頻繁にレストランのコースメニューを利用しない場合は年会費のもとを取るのが難しいこともあるでしょう。

本来は医師などしか入会できないが、クレジットカード特典なら誰でも使える

招待日和は、元々は「医師」か「フィールドプランニングが承認した個人や法人・団体」しか利用できないサービスです。入会できる人物は限られていて、誰でも気軽に利用できるサービスとは言えません。

しかし、招待日和はクレジットカードとの特典として広く展開されています。

対象のクレジットカードさえ持っていれば、誰でも利用できるのです。

招待日和を利用できるクレジットカードは法人・個人事業主向けのビジネスカードや一般の人が入会できる個人向けカードがあるので、「申し込めるカードがない」などのトラブルが発生することはまずありません。

クレジットカード特典の場合は、前項で紹介した本来の年会費もかからないので、難しい条件を満たして普通に会員になるよりもかんたんなうえにお得です。

年会費3,000円(税抜)などの安価なカードでも特典が付帯されている場合あり!

医師などではない一般の人が招待日和の特典を利用するためには、サービスが付帯されているクレジットカードを持っていなければいけません。

「クレジットカード自体の年会費が高額だったら、結局コースメニューを普通に頼んだ方が割安になるのでは?」と心配になった方もいるのではないでしょうか。

しかし、心配はありません。

詳しくは次項で紹介しますが、年会費3,000円(税抜)などのコストが一流レストランのコースメニューより安価なクレジットカードであっても、招待日和の特典が付帯されているケースがしばしばあるからです。

ただし、店舗数が異なるなどサービスの充実度には差が設けられている場合があるため、しっかり調べて自分にとってベストのクレジットカードを選ぶことが大事です。

クレカごとに違う?招待日和の付帯サービスを徹底解説!

クレジットカードの特典として用意されている招待日和のサービスは、各社・各カードで名称が異なります。

名称が違っていると、合わせて特典の内容も異なっている場合があります。

ここからは、アメックスやMastercardなどで利用できる招待日和の特徴の違いや、招待日和を利用できるおすすめのクレジットカードについて詳しく解説します。

自分に最適な招待日和のサービスを受けられるクレジットカードを見つけたい方は、参考にしてください。

クレジットカードごとの招待日和サービスの違いは?

各社・各カードにおける招待日和のサービスの違いは、主に以下の3点に現れています。

  • 特典の利用(レストランの予約)方法
  • 特典を利用できる店舗の数・種類
  • 利用できる回数

予約方法は電話やインターネット予約があり、種類によってはどちらか片方のみを利用できるのみに制限されていることもあります。

電話だと口頭で日程調整などを行う必要があり手間がかかるので、インターネット予約に対応しているカードを選んだほうがより便利と考えられるでしょう。

特典を利用できる店舗数や種類について考える上で知っておきたいのは、本来の招待日和のサービスは「国内外のレストラン約280店舗」で特典を利用できることです。カードによって約100店舗だったり約200店舗だったりと数が異なるので、共に食事を楽しむ相手の好みなどに合わせられるよう選択肢を豊富に取り揃えておきたい場合は、対象店舗数に注目しましょう。

そして、特典を利用できる回数は、「利用制限なし」のカードもあれば「月に2回まで」など細かい回数制限があるカードもあります。頻繁に招待日和の特典を利用しようとお考えの場合は、回数制限がないカードを選ぶのがおすすめです。

年会費無料の選択肢はないが、3,000円(税抜)から特典付きカードを持てる

招待日和を使える年会費が無料のクレジットカードは、残念ながら存在しませんが、個人で入会できる招待日和の特典付きカードの中には、年会費が安価なものもあります。

SuMi TRUST CLUB リワードカードは、年会費が3,000円(税抜)です。

入会の目安は以下の2点が設定されているので、条件を満たしていることを確認してから申し込みましょう。

  • 22歳以上
  • 年収200万円以上

正社員などで働いていれば問題なし、派遣社員や契約社員などであっても、月17万円程度の収入があれば年収条件を十分満たせます。

SuMi TRUST CLUB リワードカードは「Mastercard Taste of Premium」が付帯されていて、「ダイニング by 招待日和」により月2回まで招待日和特典を利用できます

対象店舗は国内のおよそ225店舗とシンガポールの11店舗となっていて、年会費が安価なカードにも関わらず豊富なのは大きなメリットと言えるでしょう。

予約も専用ウェブサイトから行えるため、とてもかんたんです。

SuMi TRUST CLUB リワードカードには他にも以下のような豪華な特典があるので、年会費が安く旅行・日々の生活などで便利に使えるクレジットカードを探している方は検討してみてはどうでしょうか。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 最高3,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯

新生アプラスゴールドカード初年度年会費無料・2年目以降5,000円(税抜)で、SuMi TRUST CLUB リワードカードに次いで年会費が安価な招待日和対応カードです。

新生アプラスゴールドカードは、約160店舗で「2名以上での利用時・コースメニュー1名無料」の特典を受けられる「アプラス プレミアム グルメ サービス」に対応しています。

「アプラス プレミアム グルメ サービス」は、月に2回までなどの制限がありませんが、同じレストランは年に1回までしか利用できないことに注意しましょう。

  • 空港ラウンジサービス
  • レストランやワインの優待提供を受けられる執事サービス
  • 海外旅行傷害保険最大5,000万円・国内旅行傷害保険最大3,000万円

上記3つのような豪華特典も付帯されているので、SuMi TRUST CLUB リワードカード以上の特典を受けつつ招待日和を活用したい人には、新生アプラスゴールドカードがおすすめです。

アメックス・プラチナは「2 for 1ダイニング by招待日和」を利用可能

年会費130,000円(税抜)アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)は、「2 for 1ダイニング by招待日和」という名称の招待日和サービスに対応しています。

「2 for 1ダイニング by招待日和」は「プラチナ・ウェブ」から申し込むことで利用できるサービスです。

従来利用できた「ダイニング・アクセス」は店舗数が32店舗ほどで選択肢が少ないデメリットを抱えていましたが、最新の「2 for 1ダイニング by招待日和」は200店舗以上で1名分のコースメニュー無料サービスを適用できるため、店舗数の心配はないでしょう。

なお、2018年現在、「ダイニング・アクセス」は、「アメックス・プラチナ」のビジネスカードで利用可能です。

「ダイニング・アクセス」はぐるなびが提供する「プレミアムレストラン」と提携していて、予約はインターネットから・ぐるなびへの会員登録が必須となっています。

アメックス・プラチナは国内外の空港ラウンジや米国などにある専用の「センチュリオン・ラウンジ」を利用できたり、「スターウッドホテル&リゾート」や「ヒルトンホテルズ」の上級会員になれたりなど充実したサービスを利用できます。

ただし、アメックス・プラチナは招待制なので、すぐに申し込むことはできません。

まずは、アメックス・ゴールドなどへ入会してカードを日々活用し、招待を受けることを目指してみてはどうでしょうか。

アメックス・ゴールドの「ゴールド・ダイニング」でも、2名以上の予約で1名無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)年会費29,000円(税抜)で、「ゴールド・ダイニング」という名称の招待日和サービスを利用できます。

「ゴールド・ダイニング」は対応する店舗数が国内外にあり、合計200店舗でコースメニューの1名無料特典を受けられます。

「ゴールド・ダイニング」もオンライン予約可能で、専用ウェブサイトから3営業日前までに予約をすれば特典を適用できます。

「ゴールド・ダイニング」もアメックス・プラチナの「2 for 1ダイニング by招待日和」に劣らずたくさんの店舗でサービスを使えるので、安心でしょう。

アメックス・ゴールドは、国内外の空港ラウンジを利用できたり、最大1億円の旅行傷害保険を利用できたりと特典が満載です。

旅行時には、手荷物無料宅配や、エアポート送迎サービスの割引なども利用でき、旅をより充実させられるので、旅行の機会が多い人にはアメックス・ゴールドがとくにおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

総合評価
4.3
圧倒的な旅行サポートを誇る、世界が認めるステータスカード!

ブランド力と無料ラウンジ利用やマイル移行のし易さで圧倒的に旅をサポート。100円=1マイルのハイペースでマイルが貯まる!航空会社VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」がなんと年会費無料で登録できます(通常99USドル)

  • ANAマイルだけじゃない!スターアライアンス系提携数十社にマイル移行可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償!さらに航空機遅延保険まで付帯!
  • 国内外の空港ラウンジが同伴1名まで無料で利用可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    AMEX
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~1.0% 2週間程度
無料 29,000円(税別)

Mastercard「ダイニング by 招待日和」は主に事業者向けカードやプラチナカードに付帯

Mastercardの国際ブランドが付帯されているカードの中には、1ヶ月2回まで・国内外約200店舗に対応する「ダイニング by 招待日和」が付帯されているものがあります。

先ほど紹介した「SuMi TRUST CLUB リワードカード」などのわずかな例外はありますが、「ダイニング by 招待日和」は多くの場合ビジネスカードやプラチナカードで利用できます。

ビジネスカードは個人事業主や法人などの立場における経費決済用のクレジットカードで、個人が入会することはできないことに注意しましょう。

プラチナカードは年会費が高額ですが、代わりに特典の充実度も高めです。

ここからは、「ダイニング by 招待日和」に対応していて特におすすめな以下2つのクレジットカードにおける、カードの特徴を紹介するので、参考にしてください。

  • 三井住友Mastercardプラチナカード
  • オリコビジネスカードGold

三井住友Mastercardプラチナカード一般向け・年会費50,000円(税抜)で、VISAブランドとMastercardブランドのうちMastercardのみで「ダイニング by 招待日和」を利用できます。

さらに、VISA・Mastercardのどちらを選んでも、セットで「プラチナグルメクーポン」により、東京・大阪を中心とする約100店舗でコースメニュー2名以上利用時に1名無料の特典を受けられます

「プラチナグルメクーポン」は半年に1回しか利用できない制限があり、さらにレストランでの直接予約か電話予約となるデメリットがあります。

手軽にウェブ予約をしたり、たくさんサービスを利用したりしたいなら、Mastercardブランドでカードを発行、「ダイニング by 招待日和」を利用しましょう。

なお、三井住友Mastercardプラチナカードは、他にも会員向けの演劇等の優待販売や、国内外の空港ラウンジ利用サービスなど豪華な特典が提供されています。

食事に加えて日々の生活でも上級のサービスを受けたい方は、三井住友Mastercardプラチナカードを検討しましょう。

オリコビジネスカードGoldゴールド法人向けですが、年会費2,000円(税抜)・初年度無料と、コストが抑えられているのが魅力です。

国内空港ラウンジ無料、さらに、「ベネフィットステーション」によりホテルやスポーツジムなどで優待を受けられるので、事業における出張等で特典を役立てたり、福利厚生サービスを活用したりしたい人は申込みを検討してみてはどうでしょうか。

オリコビジネスカード Gold

総合評価
3.8
高コスパでビジネス特典豊富な法人向けのクレジットカード!

ビジネスサポートや特典が利用できて年会費はなんと初年度無料!、2年目から一枚年間2,000円で最大20枚発行可能なビジネスカード!

  • 総利用枠が300万以下だと、申込時の決算報告書の提出が不要
  • 電話通訳サービスや海外進出サポートなどのビジネスサポートが割安で利用できる、MasterCardビジネス・アシストが利用可能
  • クラウド会計ソフトfreee(フリー)の通常プランが2か月無料!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0 2~3週間程度
無料 年会費
2,000円(税別)

ハワイ好きの方にはハワイラブカードがおすすめ

ハワイが好きな人に向けて展開されている年会費10,000円(税抜)のハワイラブカードはJCBブランドで、実は招待日和の特典が付帯されています。

「プレミアムグルメサービス」により、新生アプラスゴールドカードと同様約160店舗のレストランで2名以上利用時に1名分の料金が無料になるのです。

ハワイラブカードには、以下の5点などのメリットがあります。

  • 日本やハワイで、ハワイラブカード加盟店において優待・割引を受けられる
  • 入会やカード利用で、ハワイ関連のオリジナルグッズをもらえる
  • 日本や韓国、ハワイの対象空港ラウンジ無料
  • レストランやワインの優待提供を受けられる執事サービス
  • 海外旅行傷害保険最大5,000万円、国内旅行傷害保険最大3,000万円

ハワイに強い興味を抱いていて、国内外のレストランで招待日和特典も活用したい方は、ハワイラブカードを申し込むのが良いでしょう。

早速活用したい!予約方法をご紹介します

招待日和サービスの利用方法は各カードで若干細かい部分の手続き方法が異なる場合もありますが、基本的に大まかな流れは共通です。

  1. 専用サイトへの会員登録
  2. 店舗の予約を3営業日前などの期限までに行う
  3. レストランでの支払い時に、サービス対象カードを提示する

会員登録は本家「招待日和」のサイトからでなく、所有するカードで使える招待日和系サービスの公式サイトで行いましょう。

クレジットカードの招待日和は本家「招待日和」とあくまで別のサービスなので、本家サイトでは会員登録ができません。

レストランの予約は、「3営業日前まで」などの制限があるので、時間に余裕を持って予約手続きをしましょう。

予約の際は、サービス提供対象のクレジットカード番号を入力する必要があるケースもあるので、用意してから手続きを開始するのがおすすめです。

レストランで実際に食事をする時は、招待日和サービス対象のカードを絶対に忘れてはいけません。

支払い時に対象カードを利用しなければ特典を適用できず、通常料金での支払いになってしまうので、忘れないよう気をつけましょう。

なお、今回紹介したクレジットカードだと、三井住友Mastercardプラチナカードや三井住友VISAプラチナカードにおける「プラチナグルメクーポン」は、上記の手順では利用できません。

「プラチナグルメクーポン」の専用冊子で利用したい店舗を選び、お店への直接予約か専用デスクへの電話問い合わせをすれば特典を利用できるので、注意しましょう。

招待日和の評判はどう?口コミやブログでの評価が知りたい

対象のカードを手に入れて、これから招待日和のサービスを活用していくにあたって、利用者からの評判はどうなのか気になるのではないでしょうか。また、どんなレストランがあるのか知っておきたいこともあるでしょう。

ここからは、招待日和の評判を調べてみてわかったことや、招待日和に対応するレストランの紹介を行います。

招待日和利用者の評判を調べてみた総評

SNSなどで口コミ情報を調べてみると、実際に招待日和を使って、休日等に食事を楽しんでいる人の声を多数見つけることができました。

本来なら高額になるコースメニューを1名無料でお得に利用できるため、満足している声が多数を占めていました。

ただし、食べたいものを自由に頼みたい人の場合「コースメニューが1名無料になる」という制度自体が使いづらいと感じるケースがあるようです

おすすめレストランはどこ?東京、名古屋、大阪の名店ご紹介!

招待日和に対応するレストランの中から、東京、名古屋、大阪におけるおすすめのレストランをそれぞれ1〜2店舗ずつ紹介します。なお、クレジットカードごとに対応するお店が異なります。

紹介するお店を利用したい場合は、所有する・発行予定のクレジットカードが対応しているか確認しましょう。

東京の「招待日和」対応となっているおすすめレストランは、以下の2店です。

  • HORIZON TOKYO
  • 鮨 美寿思

HORIZON TOKYOは夜に営業しているフレンチ系のレストランで、平日(クリスマスや婚礼以外)に優待を受けられます。新橋駅から徒歩3分、店舗は地上210mにあるため、東京のきらびやかな夜景を楽しみながら魚や肉などの料理を楽しめます。

鮨 美寿思は新橋駅から徒歩3分、季節の食材を使用した豪華なお寿司を楽しめます。夜景を楽しみながら、食事を満喫してみてはどうでしょうか。

名古屋の「招待日和」に対応するおすすめレストランは、「THE KAWABUN NAGOYA」です。

「THE KAWABUN NAGOYA」は丸の内駅から徒歩5分で、クリスマスや年末年始を除いて優待を受けられます。「THE KAWABUN NAGOYA」はイタリアンレストランなので、イタリア料理を楽しめます。パスタやカルパッチョなどを楽しみたい時に、予約して足を運んでみてはいかがでしょうか。

大阪のオススメ店舗は、以下の2店です。

  • レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランス
  • 鉄板料理 花六

レスプリ・ドゥ・クゥー・ドゥ・フランスは北浜駅から直結しているフレンチのレストランで、ヘルシーな料理をワインなどとともに楽しめるのは見逃せません。

鉄板料理 花六は京都駅から徒歩12分で、ウニやオマール海老、京都牛ロース肉などの高級食材を使った料理を楽しめるのが魅力です。

以上の通り、各地の高級レストランで豪華な食事を楽しめるのが招待日和のメリットです。

招待日和の付帯クレジットカードがおススメな人

最後に、招待日和が付帯されているクレジットカードはどんな人にオススメであるかを改めてまとめます。

自分が招待日和付きのカードに向いているか気になった方は、ご覧ください。

コストを削減しつつ豪華な食事を楽しみたい人

友人や恋人、そして家族と楽しく食事を楽しみたい方には、招待日和の特典を使えるクレジットカードがオススメです。

「たまには豪華な食事がしたい」といった気軽な希望でも、「レストランで食事をしつつ、今後に関する重要な相談をしたい」という場面でも、できれば費用は抑えたいでしょう。

1名分の料金を無料にできれば数千円〜数万円の費用が浮き、余った費用は他の場面に回せます。

誰かと豪華な食事をお得に楽しみたい方は、招待日和付きのクレジットカードを申し込んで活用してみてはどうでしょうか。

ビジネスディナーの機会が多い人

一流レストランでの豪華な食事は、仕事でも重要な役割を果たすのではないでしょうか。

取引先との接待や同僚・上司など同じ会社でともに働く人々との会食などにおいて、高級な食事を楽しみたい機会がある方には、招待日和を利用できるクレジットカードがオススメです。

事業で招待日和を活用したい法人・個人事業主の方は、「三井住友Mastercardビジネスプラチナカード」などのビジネスカードで特典を活用するのも良いでしょう。

まとめ

招待日和は本来医師など特定の対象人物にしか入会できないサービスですが、対象のクレジットカードを持っていればもれなく入会・利用できます。

招待日和では2名以上でコースメニューを予約した際に、1名分の料金を無料にしてもらえます。

招待日和に対応するクレジットカードは、1万円以上など高額な年会費のものも複数ありますが、年会費3,000円(税抜)の「SuMi TRUST CLUB リワードカード」など安価で使えるものもあります。

ただし、招待日和の「利用回数」や「対象店舗数」、「予約方法」といった各種仕様は、クレジットカードごとに細かく異なっているので注意しましょう。

招待日和を使えるカードをこれから申し込む場合は、各種仕様を確認・自分の用途(利用頻度・行動範囲)を踏まえつつ、最適な特典内容になっているものを選ぶのが大事です。

そして、招待日和を利用する際は、基本的に専用サイトで会員登録を行い、サイトからレストランを予約・店舗での支払い時に対象カードで決済を行いましょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る