クレジットカードのセキュリティーコードとは?防犯に役立つシステムの特徴と注意点を解説

  • 作成
  • 更新

クレジットカードには多くの機能がついていると同時に、悪用されないための工夫もされています。「セキュリティコード」もその一つですが、これが何なのか知らないという人がいるのも事実です。そこでここではセキュリティコードの意味と役割について紹介していきたいと思います。

セキュリティコードとは

セキュリティコードはカードの裏面に書かれた数字3桁

インターネット通信販売などで品物を購入して支払いをクレジットカードで行おうとすると、「セキュリティコードを入力してください」という指示がでることがあります。特にこういったセキュリティコードを登録したという覚えがなければ、これが何の数字なのかわからないという人もいるかもしれません。

セキュリティコードとはその名前の通り、セキュリティレベルを向上させるためにある番号です。

クレジットカードはカード自体が手元になくても、そのカード番号だけでも悪用される可能性があります。

カード番号を登録すれば商品を購入できるようになっているからです。

そのため、カードの表面を撮影されたり番号を覚えられたりすると非常に危険な状態になります。

そこで登場するのがセキュリティコードです。

まず、このセキュリティコードは裏面に印字されていることが多く、表面だけを見てもわからないようになっています。また、カードリーダーなどを通すとカード番号などが読み取られますが、セキュリティコードは読み取られないようになっているのです。このことによってカードが手元になければ利用できないようにしているのです。

たいていは3桁もしくは4桁の番号となっており、裏面の中央部分に印字されています。

国際ブランドごとに表示が違う

セキュリティコードの印字されている位置は国際ブランドによって違っています

基本的には裏面が多く、

「VISA」「Mastercard」「JCB」「ダイナースクラブ」裏面となっています。

自分が持っているカードが楽天カードなどの提携カードの場合でも、その提携先と同じになっていますので、すぐに確認できるでしょう。

「VISA」の場合は裏面のサインパネルに表示されている3桁の数字、もしくはそれ以上の桁数がある場合は末尾の3桁がセキュリティコードとなっています。

それ以外の数字は無視して構いません。

「MasterCard」もVISAと同様に裏面のサインパネルに印字されている3桁もしくは複数桁数の場合は末尾の3桁がセキュリティコードとなっており、他の数字は無視して構いません。

「JCB」は裏面のサインパネル部分に7桁の数字が記されています。

このうち前の4桁はカード番号の下4桁となっており、後ろの3桁がセキュリティコードとなっています。

つまり、入力するのは後ろの3桁ということになります。

細かい違いはありますが、基本的にはカードの裏面にある数字の末尾3桁がセキュリティコードだと思って良いでしょう。

アメックスは表面に記載されている!

ほとんどのカードが裏面に記載されているセキュリティコードですが、アメリカン・エキスプレスのカードだけは表面に記載があります。

アメックスのブランドのロゴがカード中央部分にあり、その上に15桁のカード番号があります。

その右側部分に4桁の数字があり、それがセキュリティコードとなっています。

カードによってはその数字はかなり見えにくいようになっていますが、それもセキュリティのためです。

セキュリティコードは何のため?

このセキュリティコードは何のためにあるのでしょうか?

一言で言ってしまえば実際に手元にカードを持っていない人間による悪用を防ぐためです。

近年では他人のクレジットカードの番号や有効期限を使って不正取引や不正キャッシングを行う犯罪が増えています。カード番号や有効期限はカードの表面にあるために他人でも見やすく、覚えられてしまう可能性があります。

また、カードリーダーを通したときにカードの番号などの情報はわかってしまいます。しかし、カードの裏面にあることが多いセキュリティコードは、カードを持っている本人でなければ確認しづらくなっています。

カードリーダーに通してもセキュリティコードは読み取られることはありません。

こうして第三者による不正利用を防ぐためにセキュリティコードはあるのです。

セキュリティコードが必要になる場面って?

セキュリティコードは、インターネット上で商品を購入するようなとき以外はあまり使用する場面はありません。

むしろ普通に買い物をしたときなどに必要以上にセキュリティコードを確認しようとしてくる人がいれば怪しいと考えたほうが良いでしょう。

たいていこれを使用するのはインターネットで商品を購入し、支払い方法を決定していく段階で支払うクレジットカードの内容を入力していくときです。

そのときに「セキュリティコードを入力してください」と表示されます。

海外の通販サイトを利用している場合は「CVC」「CVV」番号を入力してくださいという指示がでる場合があります。これは基本的にセキュリティコードと同じものだと考えて良いでしょう。

アメックスの場合は「CID」番号と呼ぶ場合もあります。

セキュリティコードの注意点

他人にクレジットカードを使用させない

セキュリティコードは防犯上優秀なシステムですが、けっして万能ではありません。

例えば他人にクレジットカードを渡してしまうと、セキュリティコードが確認されてしまいますので、その意味を失ってしまいます。

たとえ友人であってもクレジットカードを渡して使用させてはいけません。

これはカード自体にセキュリティコードが印字されているということの最大の弱点でもあります。

また、フィッシング詐欺にも要注意です。

怪しい電子メールやホームページにおいてカード情報を入力した際にセキュリティコードまで入力してしまうとすべての情報が漏れてしまうことになります。最近では金融機関を装ってメールを送付し、カード番号やセキュリティコードを入力して返信するようにという詐欺も発生しています。

原則として金融機関がメールでそのようなことを確認してくることはありません。

もちろんクレジットカード会社も同様です。セキュリティコードを教えることを指示してきた場合は怪しいと思いましょう。

セキュリティコードはメモしたり写真に保存しない

絶対に覚えておかなければならないのは「クレジットカードのカード番号」と「セキュリティコード」の両方がわかれば悪用される可能性が非常に高いということです。

そのため、セキュリティコードをメモしたり、スマホなどで画像を撮影したりすることは極力避けましょう。

撮影した画像が何かのきっかけで流出してしまうと取り返しがつきません。

すぐに気づくことができればカード会社に連絡して使用を止めることが可能ですが、気付くのが遅れるとすぐに悪用される可能性があります。

セキュリティコードはメモをとって残したり、画像に撮ったりしないということが基本なのです。

まとめ

セキュリティコードはネットでの防犯上非常に有効的な手段ではありますが、けっして万能ではないということには注意が必要です。

安易にだれかにカードを渡したり、怪しげなサイトでカード情報を入力するということは絶対にしてはいけません。

それさえ押さえておけば安全にクレジットカードを利用することができるでしょう。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る