楽天カードは本当に使えるカードなのか徹底検証!申し込む前に知りたいカードのメリットとデメリットをまとめ

  • 作成
  • 更新

楽天カードは楽天が展開しているクレジットカードで、ポイント還元率が高いことが魅力です。

特に楽天関連サービスで楽天カードを使うとポイントを通常の「2倍」「3倍」などたくさん貯められるので、楽天のユーザーなら持っておいて損はないでしょう。

この記事では、楽天カードの魅力や基本情報を徹底解説します。楽天カードに興味を持った方は、参考にしてください。

楽天カードとは

楽天カードはVISA、MasterCard、JCBの3つの国際ブランドから好きなものを選んで発行、楽天に限らず様々な国際ブランド加盟店で活用できます。

クレジットカード機能に加えて楽天Edy楽天スーパーポイント機能を搭載しているので、電子マネー決済をしたり、提示でポイントを貯めたり、使ったりすることもできます。

楽天カード

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

楽天カードの魅力

楽天カードには、様々な魅力があります。まずは楽天カードを使うメリットについて解説するので、ご覧ください。

年会費は永年無料

楽天カードは年会費が設定されておらず、永年無料で使うことができます。

クレジットカードの中には初年度のみ無料のものや数千円〜数万円の年会費がかかるものまで色々な種類がありますが、楽天カードなら年会費がかかってしまうことはありません。

「あまり頻繁には使わない」「カードを持っているだけで年会費がかかると抵抗がある」といった人でも、楽天カードなら心配ないでしょう。

たとえ1回も使わなかった年があったとしても、楽天カードなら年会費などの余計な維持費はかかりません。

楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる

楽天カードでは、毎月の利用金額100円ごとに1ポイント楽天スーパーポイントを貯められます。1ポイントは1円相当で、わかりやすいしくみです。(他社だと1ポイント5円など、複雑なレートのものもあります)

楽天カードは月間のポイント対象外金額が最大99円と少ないため、ポイントを貯めやすいのも大きな魅力と言えるでしょう。

他社クレジットカードの中にはポイントが利用金額1,000円ごとに貯まる(毎月最大999円までポイント付与の対象外)など、毎月のポイント対象にならない金額が大きいカードもあります。

なおポイントの有効期限は「楽天のサービスで最後にポイントを獲得した日から1年間」です。

普段から楽天カードや楽天市場などを活用していれば、他社カードのポイントのようにポイントが期限切れになり失効してしまう心配はありません。

ただし、キャンペーン等で貯まる「期間限定ポイント」は「翌月末まで」など期限が定められているので、失効前に忘れず利用しましょう。

楽天カードではポイントをお得に貯められるサービスが多数取り揃えられているので、本記事内で別途項目を設けて詳しく解説しています。引き続きご覧ください。

楽天スーパーポイントは楽天市場などで使える

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天関連サイトに加えて、楽天スーパーポイント加盟店でも使えます。ネットだけでなく実店舗でも使えるので、使い道は豊富です。

食料品や書籍、家具やゲームソフトなど、楽天スーパーポイントは様々な商品の購入に使えます。

ETCも家族カードも!豊富な付帯カード

楽天カードには追加カードも用意されています。

高速道路で専用ゲートを使ってスムーズに料金所を通過できる「ETCカード」や、18歳以上の家族それぞれに持たせて支払いや貯まるポイントをまとめられる「家族カード」です。

ETCカードは通常年会費500円(税抜)、楽天のダイヤモンド会員やプラチナ会員なら年会費無料で持つことができます。

楽天で買物をする機会が多く既にプラチナ会員などになっている方は、お得にETCカードを持てますね。

家族カードも年会費無料です。本会員のカードだけでなく、家族カードまで年会費無料で持てるのは大きなメリットでしょう。もちろんETCカードや家族カードの利用でも、通常の楽天カードと同じく月間の利用金額100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる1%還元を受けられます。

必要に応じて、ETCカードや家族カードも発行して活用してみてはどうでしょうか。

選べる国際ブランドは3種類

楽天カードは、VISA、MasterCard、JCBの3種類の国際ブランドから好きなものを選んで申し込めます。

仕事などで海外に行く機会が多い方やネットショップを活用する機会が多い方、あるいは特にこだわりがない方には、海外発で加盟店が豊富なVISAやMasterCardが特におすすめです。

日本での買い物が多い方や、ハワイなど日本人観光客が多い場所へ旅行に行く機会が多い方は、JCBブランドを選ぶのが良いでしょう。JCBブランドは日本発なので日本国内に加盟店が豊富、さらにハワイで「ワイキキ・トロリー」に無料乗車できるなど、日本人観光客が多い海外で優待を受けられる機会も多いのです。

国際ブランドの選択肢が豊富なので、既に他のクレジットカードを持っている方が楽天カードを発行するなら、手持ちのカードにない国際ブランドを選ぶのがおすすめです。

手持ちの別のカードで支払えないお店に出くわしても、楽天カードで選んだ国際ブランドに対応していれば問題なくクレジット決済ができるでしょう。

楽天カードで使える楽天Edyとは

楽天カードには、電子マネーサービス楽天Edy機能をつけることができます。

楽天Edyはチャージ式の電子マネーで、チャージした分の金額を支払いに使えます。楽天Edyはリーダーへカードをタッチするだけで簡単に支払えるので、店員の方にカードを渡して暗証番号入力やサインをするクレジットカードより手間がかかりません。

楽天Edyでの支払い金額200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるので、通常の現金払いなどよりお得なのも見逃せないメリットでしょう。楽天Edyを楽天カードで使えば、チャージと利用の両方でポイントを貯められます。

チャージ時に楽天カード側で200円につき1ポイント(通常の決済から0.5%還元率は下がります)、楽天Edy利用時に楽天Edy側で200円につきポイントで、合計1%還元と楽天カードと同じ高還元率になります。

さらにEdy加盟店には八重洲ブックセンターや椿屋珈琲店など支払いによるポイントが200円につき2ポイント貯まるお店があり、1.5%還元まで向上させることも可能です。

便利&お得に支払いができるので、楽天カード入会後は楽天Edy機能も活用してみてはどうでしょうか。

楽天ポイントカード機能を解説

楽天カードには、楽天ポイントカード機能が付帯されています。カード裏面にあるバーコードをレジで読み取ってもらい、ポイントを貯めたり使ったりできるしくみです。マクドナルドやミスタードーナツ、ジョーシンなどの加盟店でカードを提示し、ポイントを貯めましょう。

現金決済でもポイントが貯まるので、楽天カードで支払わなくても問題ありません。

楽天カードを日々持ち歩き、楽天ポイントカード加盟店ではどんどんポイントを貯めましょう。

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントを徹底解説

楽天カードは、楽天関連サービスとの併用でポイントをお得に貯められます。ここからは、楽天カードでお得に楽天スーパーポイントを貯める方法を徹底的に解説します。

楽天カードでお得にポイントを貯めたい方は、ぜひ参考にしてください。

ポイントは楽天の各種サービスでお得に貯まる

楽天カードを楽天の対応する各種サービスで使えば、お得にポイントを貯められます。

以下に主な対象サービスをまとめたので、ご覧ください。

  • 楽天市場でポイント最大3倍
  • 楽天トラベルでポイント2倍
  • Rakoo加盟店(世界の山ちゃんなど)でポイント2倍
  • 楽天カードの対象加盟店(コナカ、大江戸温泉物語など)ポイント最大3倍

普段から楽天関連のネットショップや実店舗で買い物・サービス利用をしている方は、楽天カードがあればよりお得に楽天スーパーポイントを貯められるようになります。

あまり今まで楽天関連サービスを使っていなかった人も、楽天カードを手に入れたら楽天市場等を積極的に利用し、ポイントをたくさん貯めるのがおすすめです。

楽天カードは、楽天の関連サービスを利用する人にとって必須のカードと言えるでしょう。

楽天Edyや楽天ポイントカードと組み合わせ、ポイントをお得に貯められる

楽天ポイントカードや楽天Edyに加盟しているお店では、楽天カードを持っていればお得にポイントを貯められます。まず加盟店でのポイントカード提示と楽天Edy決済で、ポイントの二重取りができます。

さらに楽天Edyへ残高を楽天カードを使ってチャージしていれば、三重取りもできます。

マクドナルドで3つの楽天サービスを活用した場合のポイント還元を例として以下に紹介するので、ご覧ください。

  • 楽天カードから楽天Edyへのチャージで0.5%還元(200円につき1ポイント)
  • 楽天ポイントカード提示で1%還元(100円につき1ポイント)
  • 楽天Edy決済で0.5%還元(200円につき1ポイント)

以上で合計、2%還元です。

楽天カードを持っていれば楽天ポイントや楽天Edy加盟店でさらにお得にポイントを貯められるので、お得です。

楽天スーパーポイントは、楽天Edyやマイルと相互交換できる

楽天スーパーポイントをネット上の加盟店で使う予定がない方は、必要に応じてポイントを楽天EdyやANAマイルに交換できます。

反対に楽天Edy残高やANAマイルが余っている場合、楽天スーパーポイントに交換することもできます。

楽天スーパーポイントから楽天Edyへ、あるいは反対に楽天Edyから楽天スーパーポイントへ移行する場合は、1ポイント=1円分のEdy残高として等価交換できます。

楽天スーパーポイントをANAマイルへ交換する場合は2ポイント1マイルへの交換なので、金額が目減りしてしまうことに注意しましょう。(1マイルは使い方により1円〜10円以上の価値があります)

ANAマイルから楽天スーパーポイントへは、1マイル1ポイント相当(10,000マイルを10,000ポイントへ)で交換できます。

ポイントを相互交換して他のサービスでも活用できるのは、大きなメリットでしょう。

海外でも大活躍!楽天カードのキャッシングや旅行保険を解説

楽天カードは、海外でも活用しやすいクレジットカードです。

ポイントを貯められることに加えて、現地通貨の引き出しや海外旅行傷害保険でのトラブル対策もできます。

ここからは楽天カードを海外で使うメリットを解説するので、海外に行く機会が多い方・今後行く予定の方は参考にしてください。

もちろん海外で使ってもポイントは1%還元

楽天カードは、国内だけでなく海外で使ってもポイントが1%還元です。

100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯められるので、旅行先でお土産や自分の欲しかった商品を買えば買うほどたくさんポイントが貯まっていきます。またもちろんですが、航空券などの旅費を楽天カードで支払ってもポイントは貯められます。海外旅行の際は、楽天カードをフル活用しましょう。

ちなみにVISAやMasterCardは対応している加盟店、JCBはJCB加盟店だけでなく提携しているディスカバーの加盟店でも使えます。

キャッシングで現地通貨の引き出しができる

楽天カードは海外キャッシングに対応していて、ATMから現地通貨を借り入れることができます。

VISA(PlusでもOK)、MasterCard(cirusでもOK)、JCB(cirusでもOK)といった自分の持つカードの国際ブランドのロゴがあるATMを利用し、現地通貨を引き出しましょう。

たくさんの現金を空港で現地通貨と両替しても、盗難などのリスクが高まったり、高額な手数料がかかったりとデメリットが多くなります。

必要に応じてキャッシングで現地通貨を引き出すなら盗難などのトラブルを防げますし、両替より手数料も安上がりなためデメリットは緩和されます。

例えばハワイで300ドル用意する場合銀行で両替するよりも、楽天カードのキャッシングによる現地通貨引き出しのほうが94円安価です。

海外旅行傷害保険が付帯されている!

楽天カードは年会費無料ながら、海外旅行傷害保険を付帯しています。

補償金額は最高2,000万円で、以下のどちらかに当てはまる費用を楽天カードで支払っていることを条件に適用されます。

  • 旅行の際に利用した航空機や電車、バス、タクシーなどの公共交通乗用具の乗車費用
  • 募集型企画旅行

補償内容と最大の補償金額は以下の表にまとめたので、ご覧ください。

補償内容

保険金額(最大)

傷害死亡・後遺障害

2,000万円

傷害治療費用

200万円

疾病治療費用

200万円

携行品損害

20万円、免責金額3,000円自己負担

賠償責任

2,000万円

救援者費用

200万円

海外旅行中に怪我や病気などのトラブルに巻き込まれてしまったら、楽天カードの海外旅行傷害保険を活用しましょう。

請求金額をいち早く確認、ネットで明細確認

楽天カードは、請求金額の確認が簡単なクレジットカードです。

主に会員サイト「楽天e-NAVI」と「楽天カードアプリ」の2種類で、ネットから明細を確認できます。

ここからは、楽天カードで請求金額を確認できるサービスを解説します。

「楽天e-NAVI」でパソコンから明細チェック

楽天e-NAVIに楽天会員のログインIDとパスワードを使ってログインすると、利用明細やカードの利用可能額、楽天市場でのポイント還元率情報などをチェックできます。

ログインするとすぐにトップページに次回の請求額などのデータが表示されるので、ちょっとした情報チェック程度なら面倒なページ移動などの手間がかからないのはメリットです。

利用明細は「お支払い(ご利用明細)」から確認できます。パソコンでじっくり情報を確認したい時は、「楽天e-NAVI」を活用しましょう。

楽天カードアプリを活用しよう!スマホで簡単明細チェック

楽天カードアプリをスマートフォンにインストール・ログインすれば、スマホからいつでもどこでも利用明細を確認できます。

アプリを開くとすぐに利用明細が表示され、左右へスワイプすれば前月や来月の利用明細に移動もできます。

キャンペーン情報なども合わせてチェックできるので、外出中などとっさに楽天カードの利用状況を確認したくなったらアプリを活用しましょう。

楽天カード

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

楽天カードのデメリット

楽天カードには、いくつか注意したいデメリット・注意点もあります。

ここからは楽天カードのデメリットを解説するので、入会を検討している方はここまでに解説したメリットと合わせて参考にしてください。

ETCカードがダイヤモンド会員とプラチナ会員以外有料

追加カードの項目でも触れていますが、本会員カード、家族カードと違い楽天カードのETCカードは通常月額500円(税抜)の有料です。

ETCカードを年会費無料にできるダイヤモンド会員とプラチナ会員の条件を表にまとめたので、ご覧ください。

 

ダイヤモンド会員

プラチナ会員

過去6ヶ月に獲得したポイント数

4000ポイント

2000ポイント

過去6ヶ月のポイント獲得回数

30回

15回

楽天カードの保有

指定なし

以上の条件をすべて満たしていなければ、会員ランクは維持できません。

あまり楽天関連のサービスを利用しておらずランクを維持できない人は、ETCカードはリクルートカードなど他のETCカード年会費無料クレジットカードで発行するのがお得です。

楽天関連サービスをあまり使わない人は、メリットがやや少なくなる

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルなどで使えばポイント還元率が2%以上にアップします。楽天ポイントカードや楽天Edy加盟店でも、ポイントはたくさん貯められます。

しかし楽天と関係ないAmazonなどのネット通販や街中のスーパーなどで使う場合、ポイント還元率は通常通りの1%です。

0.5%還元のカードも世の中にはたくさんあるため、1%還元でも十分還元率は高めですが、楽天関連サービスを使わない場合メリットはやや少なくなることには注意しましょう。

楽天カード基本情報 ~問い合わせ、締め日は?解約・退会は?

楽天カードを使うにあたり、入会や退会の方法や締め日・引き落とし日などの基本情報を知っておけば、いざという時にスムーズに対応できます。

ここからは楽天カードの基本情報を解説するので、楽天カードを利用中、あるいは今後利用予定の方は参考にしてください。

入会はインターネットからすぐに申し込める

楽天カードは、インターネット上の申し込みページからすぐに申し込めます。

「楽天カードに入会」ボタンを押し、楽天のIDとパスワードでログイン後、年収や勤務先などの必要情報を入力して申し込みましょう。

なお楽天アカウントと銀行口座があればすぐに申し込めるしくみで、運転免許証等の本人確認書類は郵送等でのカード受取時に提示するのみです。

楽天カードの締め日・引き落とし日

楽天カードの締め日は毎月の月末日で、引き落とし日は翌月27日です。

ただし利用店舗によっては楽天カードへの利用金額の反映が遅れて、請求タイミングが後にずれることもあります。

引落額が利用可能額へ反映されるタイミングは、設定口座で変わる

楽天カードの請求額が引き落とされた後、同額が利用可能額へ還元されます。

例えば30万円利用可能なカードで前月に1万円使った場合利用可能額は一旦29万円になりますが、引き落とし後に30万円に戻ります。

引き落とし額が利用可能額に反映されるタイミングは、楽天銀行とその他の口座で異なるので注意しましょう。以下の表にタイミングをまとめました。

引き落とし口座

反映のタイミング

楽天銀行

当日~翌営業日

その他

2~4営業日後

楽天銀行ならすぐに反映されるので、引き落とし額が早めに回復してほしい方は楽天銀行の口座を開設・引き落とし口座に設定するのがおすすめです。

問い合わせ先

楽天カードでわからないことが合ったときの問い合わせ先は、無人対応と友人によるオペレーター対応で異なります。以下にまとめたので、ご覧ください。

自動音声専用ダイヤル

  • 0120-30-6910
  • 24時間・年中無休

上記番号が使えない場合

  • 092-474-9255
  • 24時間・年中無休

コンタクトセンター

  • 0570-66-6910(通話料有料)
  • 受付時間9:30~17:30

上記番号が使えない場合

  • 092-474-6287(通話料有料)
  • 受付時間9:30~17:30

必要に応じて、希望する窓口へ問い合わせましょう。

退会方法は電話のみ

楽天カードは、電話窓口で解約できます。解約の際にかける電話番号を以下にまとめました。

一般電話

  • 0120-776-910
  • 受付時間9:00~17:00(フリーダイヤル)

携帯電話

  • 03-6832-2255
  • 受付時間9:00~17:00(通話料有料)

待ち時間は長くかかることもあるので、時間に余裕を持って問い合わせましょう。

受付時間は9時〜17時に限られるので、窓口が開いている時間に電話をかける必要があることにも要注意です。

楽天カードの審査基準

楽天カードの魅力などを知り、入会したいと思ったところで気になるのは審査基準でしょう。

ここからは、楽天カードの審査基準を詳しく解説します。どんな人が楽天カードを申し込めるのか、また審査の注意点について知りたい方は、ご覧ください。

18歳以上、高校生以外なら誰でも申し込める!

楽天カードは、高校生以外で18歳以上なら誰でも申し込めます。

主婦やパート、アルバイトの場合、年収が不安定で申し込めるか心配な方もいるかもしれません。しかし、楽天カードでは、正式に「主婦、パート、アルバイトも申込可能」と説明されています。

ただし、正社員などの人と同様、審査の結果入会できない可能性はあるので、納得した上で申込みましょう。また、特に細かい申込み条件がないので、年収のない学生や無職でも申し込めます。

学生向けには「楽天カードアカデミー」というバリエーションもあるので、必要に応じて選択しましょう。

最終的には申し込んでみなければ、結果はわかりません。楽天カードに入会したい方は、18歳以上で高校生以外なら、まずは申し込んでみることをおすすめします。

審査中、職場や自宅へ電話確認の可能性あり

楽天カードの入会を申し込むと、審査の途中で本人確認の電話がかかってくる場合があります。

電話連絡は自宅か勤め先への発信で行われます。

個人名で電話をかけるため、カード会社からの連絡であることはわかりません。カードを申し込んだことが家族や職場にバレると不都合がある場合でも、心配はないでしょう。

審査に落ちてしまう理由

楽天カードを申し込んだ結果、審査に落ちてカードを発行できない場合もあります。考えられるカードを作れなかった理由を、以下にまとめました。

  • 申込時に入力した情報が間違っていた
  • 複数社から借り入れをしていたり、借入額が大きかったりした
  • 職業や住居形態などに問題があった
  • 5~10年以内に自己破産や債務整理をしている

まず、申し込み時に入力する氏名や住所、年齢、年収などの情報が間違っていると、カードを発行できません。正確な情報を、打ち間違いなどをせずしっかり入力することが大事です。

そして、他のクレジットカードやカードローンなどでたくさん借り入れをしている状態でも、審査落ちの可能性が上がります。適切に返済していれば過去にカードローンやキャッシングをしていてもまったく問題ありませんが、返済が滞っていると返済能力が低く信用できないと思われてしまうので、注意しましょう。

職業は楽天カードの場合パートやアルバイトなどでも問題ありませんが、就業から半年未満など日が浅い場合は信頼性が低いと判断されてしまうこともあります。

住居形態は持ち家だと有利、貸家の場合は居住年数が1年以上など長い方が、安定した生活ができていて夜逃げなどもされにくい=信用できると判断されます。

最後に、自己破産や債務整理をすると信用情報に5~10年ほど履歴が残り、クレジットカードの審査にはとおりづらくなります。見に覚えがある場合は最大10年程度、カードの発行を控えましょう。

今なら、限定特典・キャンペーン!

楽天カードでは、新規入会&利用でもれなく5,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンを実施中です!

  • <特典1>新規入会特典: 2,000ポイント(通常ポイント)
  • <特典2>カード利用特典: 3,000ポイント(期間限定ポイント)

進呈対象となるのは、

  • <特典1><特典2>新規で楽天カードをお申込み、発行された方
  • <特典2>カードお申込みの翌月末まで1円以上、1回以上、楽天カードを利用された方

高額なポイントを一気に獲得・買い物で活用するチャンスです。

年会費永年無料の楽天カード。カード入会し、1円以上でも利用した際にはポイントを進呈される大きなチャンスです!楽天カードに入会を検討されている方は是非この機会をお見逃しなく!

楽天カードがオススメな人

最後に、楽天カードがどんな人にオススメかをまとめました。自分が当てはまっているか確認し、問題なければ申し込んでみましょう。

初めてクレジットカードを発行する人

楽天カードは年会費無料なので、あまり使う機会が多くない人でも負担になりません。

初めてクレジットカードを使う場合、自分がどのくらいカードを使うかわからないため、年会費が毎年かかったり、利用金額に応じて年会費無料などの条件があったりするカードは抵抗があるのではないでしょうか。

楽天カードなら年会費無料で気軽に持てるため、初めてクレジットカードを発行する人でも安心して申し込めるためおすすめです。

ポイント還元率が高いクレジットカードが欲しい人

楽天カードはどこで使っても1%還元、楽天市場ならポイント3倍など、さらにお得にポイントを貯められます。

ポイント還元率が高いクレジットカードを持ちたい人にも、楽天カードがおすすめです。

楽天のサービスや加盟店を利用する機会が多い人

楽天市場や楽天トラベルなどのネット上のお店、街中の楽天Edyや楽天ポイントカード加盟店など、楽天に関連したお店を利用する機会が多いなら、楽天カードがおすすめです

楽天カードを持っていれば、楽天関連サービスでお得にポイントを貯められます。貯めたポイントは楽天関連サービスで活用できるので、今後の買い物に役立ちます。

メインカードと合わせて使うサブのカードが欲しい人

楽天カードは年会費無料で、国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBの3種類から選べます。

メインカードが別にある方は、サブカードとして楽天カードをメインカードと別の国際ブランドで発行するのがおすすめです。

例えば、メインカードの国際ブランドが使えないお店で楽天カードが役立つ可能性がありますし、楽天関連の店舗専用カードとして楽天カードを活用・お得にポイントを貯めるのも良いでしょう。

海外旅行に行く予定の人

楽天カードは海外で利用可能、キャッシングや旅行傷害保険も使えるので、海外旅行に行く予定の人にもおすすめです。1%のポイント還元も通常通り受けられるので、海外で楽天カードを活用しましょう。

まとめ

楽天カードは年会費無料で、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる高還元率なクレジットカードです。楽天カードは18歳以上なら、パートやアルバイトでも申し込めます。

お得にポイントが貯まる楽天関連のお店をよく利用する方や初めてクレジットカードを作る人は、楽天カードを検討してみてはどうでしょうか。

楽天カード

総合評価
3.9
楽天スーパーポイントがザクザク貯まり、豊富な優待キャンペーンもあり!

ポイント還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカード。楽天市場での買い物はいつでも4倍のポイント付与率!

  • ずっと年会費無料で楽天市場の利用は驚愕の最大7%ポイントバック
  • 楽天ポイントをANAマイル1pt=0.5mileで交換可能
  • ドライバーに朗報ETCカードの利用でも100=1pt貯まる
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 7営業日程度
無料 年会費
無料

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る