NTTグループカードのメリット・デメリットを解説。ゴールドカードとの違いや年会費を無料にする裏ワザもご紹介!

  • 作成
  • 更新

NTTのサービスを利用している方なら、NTTグループカードは必見!NTT東日本・ドコモなどNTT系のサービスを決済することでお得になるカードです。今回はNTTグループカードの年会費・ポイントプログラムなどの基本情報、メリットなどを解説します。NTTユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

NTTグループカードとは

NTTフィナンシャルが発行しているクレジットカードです。

まずはNTTグループカード・レギュラーの基本情報を整理したのでご覧ください。

<NTTグループカードレギュラーの概要>

発行元

NTTファイナンス

年会費(本会員)

1,200円(税別)

※Web明細を利用すると無料

追加(家族会員)

無料

ポイントプログラム

ポイント・プレゼントコース

ポイント還元率

0.4~0.6%

キャッシュバックプログラム

おまとめキャッシュバック

申し込み資格

・18歳以上で本人か配偶者に安定収入がある方、または学生の方

・自宅、勤務先への電話連絡が可能な方

ETCカード

新規発行手数料500円

海外旅行傷害保険

なし

国内旅行傷害保険

なし

ショッピング保険

年間最大100万円

申し込み資格についてはそれほど厳しくありません。安定した収入とは正社員だけでなく、契約社員やアルバイトなども該当します。電話連絡について自宅の場合は携帯電話でも問題ありません。

保険については、海外旅行・国内旅行とも傷害保険がついていません。保険が必要な方には向いていないため、別のカードを検討したほうがよいでしょう。ちなみに同じNTTグループカードのゴールドカードなら、保険がついています。

NTTグループカード

総合評価
3.8
NTTグループの電話、携帯、プロバイダ、出光ガソリンを利用している方におすすめのカード

ポイントプログラムで、「おまとめキャッシュバックコース」を選ぶと1.5%ポイント高還元!

  • NTTグループカード専用ポイントモール「倍増タウン」でのショッピングでポイント最大26倍
  • 全国の出光サービスステーションでガソリン給油などに利用すると、最大40円/リットルをキャッシュバック
  • カードの明細をweb明細にすると年会費1,200円(税別)が無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.56%~1.5% 1週間程度
無料(Web明細ご利用の方) 年会費
無料※Web明細ご利用の方

NTTグループカードの魅力

NTTグループカードを使うメリットについて見ていきましょう。このカードを活用するコツは、いかにポイントを貯めやすくするかにかかっています。

「倍増TOWN」でお買物すれば、ポイント最大26倍!!

NTTグループカードでどんどんポイントを貯めるのに重要なのが「倍増TOWN」。NTTグループカードの専用モールです。

ネットショッピングを利用する際、このモールを経由することで、ポイントが最大で26倍になります。ポイント倍増に必要なのは、「倍増TOWN」を経由するだけで、後は普段どおりに買い物をするだけでOKです。

倍増TOWNに掲載されているショップはなんと450以上!その中から有名なショップをご紹介します。

総合ネット通販

楽天、Yahoo!ショッピング、nissen、LOHACO、ショップジャパン、セシール、ベルーナなど

旅行

Expedia、じゃらん、一休.com、楽天トラベル、えきねっと びゅう国内ツアー、JALPAK、ANAなど

美容・健康

DHC、ドクターシーラボ、オルビス、ワタシプラス(資生堂)、ケンコーコム、サントリーウェルネスオンライン、ファンケルなど

宅配

オイシックス、ピザハットオンライン、コープデリなど

年会費も家族カード年会費も無料に!

NTTグループカードは通常の場合年会費が1,200円(税抜き)かかります。しかし、Web明細サービスに登録することで年会費を無料にすることが可能です。

さらに家族カードの年会費も無料です。家族利用でコスパの良いクレジットカードを探している人にピッタリ!

家族カードでのポイントは、本会員のポイントに合算される形となるので、一人利用よりもポイントがさらに貯まりやすくなります。一人利用ではなかなか交換が難しいアイテムも狙えるようになりますね。

キャッシュバックコースについて

NTTグループカードには2つのコースがあり、「おまとめキャッシュバックコース」と「ポイント・プレゼントコース」からいずれかを選びます。

「おまとめキャッシュバックコース」は毎月の利用金額と通信利用に応じて、キャッシュバックがされるコース

毎月の通信料金の合計金額から、ショッピング利用金額に応じてキャッシュバックされる仕組みです。通信料金の合計が20,000円で、キャッシュバック率が6.0%なら、1,200円がキャッシュバックされることになります。

キャッシュバック対象となる通信サービスは以下のとおりです。

固定電話

NTT東日本、NTT西日本、NTT Communications

携帯電話

NTTドコモ、OCN

プロバイダ

@nifty、plala、BIGLOBE、ひかりTV、WAKWAK

NTT系列や提携先のサービスが対象となっていることがわかります。また、キャッシュバック率は、月間のカード利用金額によって以下のように定められています。

0~19,999円

0%

20,000~39,999円

1.5%

40,000~59,999円

3.0%

60,000~79,999円

4.5%

80,000~99,999円

6.0%

100,000~199,999円

8.0%

200,000~299,999円

18.0%

300,000~399,999円

28.0%

400,000~499,999円

38.0%

500,000~599,999円

50.0%

600,000円以上

60.0%

ここでの利用金額とは、カード全体の利用金額であり、ショッピングやレストラン利用なども含めた合計金額のことです。通信費だけということではありません。

キャッシュバックコースは、NTT系の通信サービスを毎月多く利用する方におすすめ。多く利用するほどキャッシュバック対象となる金額が増えます。

ポイント・プレゼントコースについて

キャッシュバックコース以外のもう1つのコースがこちら。NTT系の通信サービスをそれほど使わない方におすすめです。他のクレジットカードでもおなじみの仕組みで、貯まったポイントによってプレゼントに交換できるコースです。ポイントはショッピング利用額1,000円につき10ポイントが基本で、NTT系の通信サービスは200円につき2ポイントが貯まります。

景品は3,000ポイントから交換でき、Amazonギフトカードなど提携先のポイントに交換することも可能です。

なお、キャッシュバックコースとポイント・プレゼントコースは、途中で変更することが可能です。別のコースが向いていると感じたら「My Link」で手続きしましょう。紙の申込書を取り寄せて手続きすることも可能です。

出光でもキャッシュバック!

出光のガスステーションでガソリンを給油した時にNTTグループカードを使うと、キャッシュバックを受けられるシステムです。出光ガスステーションでの利用金額に応じて獲得ポイントが決まり、キャッシュバック額が決定されます。

利用額が多いほどキャッシュバック額も大きくなるため、出光をよく利用する方におすすめ。ただし、先ほどのキャッシュバックコースを選択した場合、出光キャッシュバックの利用分は、キャッシュバック算定からは除外されます。

NTTカードを使って旅をお得に!

旅行ツアーを販売する「リロの旅デスク」では、NTTグループカードの利用者に対する割引特典を用意しています。海外ツアーは最大8%OFF、国内ツアーも最大5%OFFで申し込めます。

申し込むには会員サイトの「My Link」にログインし、「お知らせ一覧を見る」をクリック、「ツアーご優待サービスのご案内」を選んでください。ツアーは専用サイトからネットで予約または電話で申し込めます。

支払いはNTTグループカードで決済する必要がありますので、忘れないように注意しましょう。

海外お土産の宅配サービスもお得!

海外のお土産を宅配してくれるサービスとして有名なのが三洋堂!現地でお土産を購入する時間や手間を節約でき、帰りの荷物が増えないため手軽に帰国できます。荷物の重量オーバーによる超過料金の不安からも解放されますね。

お酒のビンや置物などの破損の心配がなく、チョコレートなどが溶けたりキムチなどの臭いが漏れたりする心配もありません。旅行に行かなくても利用できるので、自宅に居ながら世界のお土産を手に入れることも可能です。

このように魅力的な三洋堂ですが、NTTグループカードを使うと全商品が20%OFFになるのでお得です。さらに、倍増TOWNを経由することでポイントも倍増になります。

NTTグループカード(レギュラー)はWeb明細で年会費が無料に

NTTグループカードの公式サイトには会員専用ページの「MyLink」があり、利用手続きをしてログインするとWeb上で明細書を確認することができます。

Web明細にするメリット

MyLinkでのWeb明細に切り替えることで、レギュラーカードの会員は年会費が無料になる特典があります。1,200円(税抜き)が無料になるため、カード保有のコスパがさらに良くなります。

また、明細書を紙からWebに切り替えることによって、紙の明細書を保管する必要がなくなります。ゴミで捨てる際にシュレッダーにかけるなど手間をかけている方もいると思いますが、Webにすればそのような手間は不要です。

WebでもデータをPCなどに保管することができるため、過去の明細書を後から見られることに変わりはありません。過去13ヶ月分を確認できるので、定期的にバックアップを取っておきましょう。

Web明細で気を付けるべき点

Web明細に限った話ではありませんが、ネットのセキュリティ対策は万全にしておきましょう。ID・パスワードが漏れると、明細書をはじめ様々な情報を盗み見されてしまいます。

最悪の場合、勝手にクレジットカードが利用されてしまうリスクもあります。よって以下の点に気を付けましょう。

  • セキュリティソフトを導入する
  • パスワードを他のサイトで使いまわさない
  • パスワードは8文字以上で、個人情報とは関連のないものにする

パスワードに関しては、生年月日・居住地・銀行口座番号など、他人から簡単に推測されるもので設定するのは危険です。個人情報とはまったく関連のない文字・数字にしておきましょう。

複数のパスワードを管理するのは大変なので、パスワード管理ソフトを導入するのもおすすめ。サイトごとにパスワードを設定し、必要な時に呼び出せるので、自分ですべて覚える必要がありません。

会員専用Webサービス「MyLink」でできること

MyLinkにはWeb明細書のチェック以外にも役立つ機能があります。

カード種類やコースの切り替えができる

My Linkには契約カードやコースを切り替えられる機能があります。一般カードからゴールドカードに変更したり、ポイント・プレゼントコースからキャッシュバックコースに変更したりすることが可能です。

ただし、レギュラーカードからゴールドカードに切り替える際には審査があり、場合によっては切り替えが認められないこともあります。

支払い方法を変更できる

一括払いで利用したけれど、やっぱりきついからリボルビング払いに変更したい…そんなときはMy Linkの「あとからリボ」で簡単に変更できます。

あとからリボは、希望する月の全額をリボ払いに変更することも、特定の利用分だけを変更することも可能です。

リボ払いに変更できるのは一括払いのほか、2回払い・ボーナス払いも対象です。

NTT系の支払いを一括で変更できる

My Linkには「カード払い取り次ぎサービス」という機能もあります。NTT東日本、NTT ドコモなど、NTT系の支払いをNTTグループカードに切り替えられるサービスです。

複数のサービスを一括で変更することも、一部だけ変更することもできます。なおNTTグループカードの申込みの時、ついでに取り次ぎサービスに申し込むことも可能です。

会員情報の変更

住所・電話番号・メールアドレスなど、会員情報の変更もMy Linkなら簡単に手続きできます。情報が変わった時にはすぐに手続きをしておきましょう。必要な情報が届かないなどのトラブルになる恐れがあります。

NTTグループカードゴールドとの違い!どちらを選ぶべき?

NTTグループカードには、レギュラーの他にゴールドもあります。どこがどう違うのか、それぞれのカードに向いているユーザーはどんな人かについて解説します。

カード機能比較表

 

NTTグループカードレギュラー

NTTグループカードゴールド

年会費

1,200円(税抜き)

Web明細利用で無料

5,000円(税抜き)

年間100万円以上の利用で無料

家族カード年会費

400円(税抜き)

1,500円

年間150万円以上の利用で無料

付帯保険

・ショッピングガード

・海外旅行傷害保険

・国内旅行傷害保険

・ショッピングガード

その他特典

 

・空港ラウンジ利用

・海外アシスタントサービス

NTTグループカード

総合評価
3.8
NTTグループの電話、携帯、プロバイダ、出光ガソリンを利用している方におすすめのカード

ポイントプログラムで、「おまとめキャッシュバックコース」を選ぶと1.5%ポイント高還元!

  • NTTグループカード専用ポイントモール「倍増タウン」でのショッピングでポイント最大26倍
  • 全国の出光サービスステーションでガソリン給油などに利用すると、最大40円/リットルをキャッシュバック
  • カードの明細をweb明細にすると年会費1,200円(税別)が無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.56%~1.5% 1週間程度
無料(Web明細ご利用の方) 年会費
無料※Web明細ご利用の方

NTTグループカードゴールド

総合評価
3.7
NTTグループの電話、携帯、プロバイダ、出光ガソリンを利用している方におすすめのカード

年間100万円のカードショッピング利用者なら年会費無料でゴールドカードが持てる!

  • ポイントプログラムで、「おまとめキャッシュバックコース」を選ぶと1.5%ポイント高還元!
  • 年間100万円のカードショッピング利用で通常5,000円の年会費が次年度無料
  • 最高5,000万円の国内/海外旅行保険も付帯
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.4%~0.6% 1週間程度
5,000円(税別) 年会費
5,000円(税別)※年間ショッピング利用額100万円以上で次年度無料

付帯保険が必要な人はゴールドを選ぼう!

レギュラーとゴールドの最大の違いは付帯保険にあります。ゴールドなら最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されます。利用付帯ではないため、航空券や宿泊などをカードで決済しなくても適用される保険です。

海外は日本とは治安・衛生・医療などの状況が大きく異なるため油断できません。先進国の中にも、アメリカのように莫大な医療費がかかる国も存在します。いざという時の補償を受けるため、海外旅行をするときに傷害保険は欠かせません。

国内旅行傷害保険も付帯となり、最高5,000万円まで補償してもらえます。ただしこちらは利用付帯のため、カードで決済しないと適用されません。

コスパを重視する人や保険が不要な人はレギュラー!

付帯保険は他に所有するカードで補える人、保有コストを一番重視する人などはレギュラーカードを選ぶのがおすすめ!Web明細に切り替えれば年会費無料でずっと保有していられます。

もしゴールドカードのサービスが必要となったときは、公式サイトから切り替え手続きをすれば切り替えられます。ただし、別途審査を受ける必要があることは覚えておきましょう。

お問い合わせやご相談は、事務局まで

NTTグループカードについて何か質問したいことがある場合は、専用の事務局まで問い合わせてみましょう。

電話による問い合わせ・相談

電話による相談方法は以下のとおりです。

◆NTTグループカード事務局

電話番号:0120-883-563

受付時間:9:00~17:00(月~金、祝日・年末年始を除く)

フリーダイヤルであり、通話料金はかかりません。固定電話に加え、携帯電話・PHSも利用できます。なお受付は平日みであり、土日は対象外となっています。

なお11:00~14:00は混雑する可能性が高いため、できれば別の時間帯にかけるほうがよいでしょう。

メールによる問い合わせ

9:00~17:00には電話できない、土日しか空いていないなどの場合は、公式サイトにある問い合わせフォームを利用しましょう。

トップページの「お問い合わせ」→「お問い合わせフォーム」でアクセスできます。必要事項を記入したうえで送信しましょう。原則として、送信した翌営業日に回答がきます。

なお返答メールは「s1.ntt-finance.com」のメールアドレスから届きます。ドメイン指定など設定している場合、受信できるように準備しておいてください。

なお問い合わせフォームでは以下の内容は受け付けていないことに注意が必要です。

  • 各種資料請求
  • カード発行状況の確認
  • カード利用の状況・審査可否についての確認
  • 登録情報の確認・変更
  • 解約の手続き

カード申し込みを検討している方の場合、資料請求ができないことに注意しましょう。また発行状況や審査についても解答してもらえません。希望する場合は、電話で問い合わせることが必要です。

原則としてメールでの問い合わせでは、個人情報を利用する内容は受け付けていません。住所などの個人情報は入力しないようにしましょう。

NTTグループカードのデメリット

数々のメリットがあるカードですが、デメリットも存在します。デメリットの影響が大きい場合は、別のカードを検討したほうがよいかもしれません。

NTT系をあまり利用しない方はメリットが少ない

カードの特典を見てみると、NTT系のサービス利用をするほどお得であるとわかります。よってもともとNTT系を利用しない方、今後も利用するつもりのない方におすすめできるカードではありません。

おすすめできるのは、固定電話・携帯電話・インターネットプロバイダなど、複数のサービスでNTT系のサービスを契約している方です。

キャッシュバック率が不安定

キャッシュバックコースの仕組みは、毎月の利用状況に左右されるようになっています。よって、還元率が一定していません。

例えば79,999円の場合は4.5%ですが、80,000円なら6.0%で、たった1円違うだけでキャッシュバック率が大きく異なります。うまく調整しないと、損をしてしまうこともあります。

ゴールドカードでもポイントプログラムは同じ

他社のカードを見ると、ゴールドカードのほうが一般カードよりもポイントが貯まりやすいように設定されているケースが多いです。しかしNTTグループカードでは、一般とゴールドでポイントプログラムに違いはありません。

ゴールドにすることでポイントをもっと貯めたい方には物足りないでしょう。空港ラウンジサービス・旅行保険などゴールド限定の特典を必要とするかどうか、年会費とのバランスがよいかどうかで決めることになります。

NTTグループカードの申し込み方法について

NTTグループカードの申し込み方法と注意点について解説します。

申し込みは「スピーディータイプ」が便利

他の多くのカードもそうであるように、NTTグループカードもWebサイトから申し込む流れです。

二通りの申し込み方法がありますが、便利なのは「スピーディータイプ」オンラインで口座振替を利用する方が利用できるコースです。申し込み手順は以下のとおりです。

1.Webの申し込みフォームに記入・送信

2.支払いに使用する銀行口座情報の入力

3.審査結果メールの受信

4.カードの受け取り

この申し込みタイプであれば通常の場合、口座振替依頼書・本人確認書類を提出する必要がありません。書類のやり取りを省略できるので便利ですよ。

ただし、オンライン口座振替に対応している金融機関でないと、このタイプでは申し込めません。対応しているのは以下です。

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、セブン銀行、労働金庫、信用金庫、一部の地方銀行

通常タイプでの申し込みの場合、本人確認書類を用意しよう

オンライン口座振替に対応していない金融機関の場合、通常タイプでの申し込みを選択することになります。この申し込み方法では、従来のように口座振替依頼書と本人確認書類の提出が求められます。

Webで申し込んだ後に書類提出の案内が届くので、封筒に入れて返送しましょう。本人確認書類として利用できるのは、運転免許証・パスポート・健康保険証などのコピーです。

本人確認書類と現住所が違う場合は、現住所が確認できる書類も同時に提出する必要があります。公共料金の領収書・社会保険料の領収証書などのコピーも同封しましょう。

審査が終わればカード発行

審査結果はメールで届き、OKであればカード発行手続きに入ります。その後しばらくしてカードが送られてきます。なお申し込みから発行までの期間はおよそ10日~2週間ほどとなっていますスピーディータイプであれば10日ほどで届くでしょう。

NTTグループカードの審査について

クレジットカードに付き物なのが入会審査。NTTグループカードではどうなのか気になる方も多いでしょうが、結論からいうと一般クラスであれば審査のハードルは高くありません。

年会費無料のカードで学生でも申し込める

年会費のかかるカードは、年会費を確実に回収するために年収を重視することが多いです。しかし年会費無料のカードはそこまで重視しないため、審査の難易度が低めです。一般クラスのNTTグループカードも年会費無料なため、有料のカードより審査は簡単といえます。

また申し込み資格に「学生の方」と明記されているように、学生の方も申しこむことが可能です。当然、本人の収入が問われることはありません。また配偶者に安定収入があればいいので、専業主婦も対象です。

ただし学生や専業主婦の場合、保護者や配偶者の年収についてはある程度問われます。あまりにも低い場合は審査にとおらない可能性もあります。

NTT系サービスの利用者は優遇される可能性がある

NTTグループカードの大きな目的の1つは、固定電話・携帯電話などNTT系サービスの利用促進であることがうかがえます。よってNTT系サービスを何も利用していない方より、利用している方のほうが審査に通りやすい可能性があります。ただし絶対ではありませんので、あくまで参考としてください。

また、NTT系を利用していたとしても、支払いで滞納や遅延などがある場合は審査が厳しくなる可能性も考えられます。これまでにNTT系の支払いでトラブルが生じたことがないか、確認してみてください。

ゴールドカードの場合は若干厳しくなる

審査が厳しくないと解説してきたNTTグループカードですが、さすがにゴールドカードとなると話はやや違います。

付帯保険や空港ラウンジ利用など、一般クラスにはない特典があり、年会費も5,000円(税別)かかります。一般カードより年収が重視されることになります

一般カードでは学生も申込み可能ですが、ゴールドカードでは対象外となっています。本人あるいは配偶者が社会人として働き、収入があることが前提です。

ただし、他社のゴールドカードと比べて特に難しいわけではありません。例えば他社では対象年齢を30歳以上としていることがあり、求められる年収もそれに見合った基準となっていると考えられます。

それに対してNTTグループカードは、ゴールドカードでも「18歳以上で安定収入」となっているため、特に高年収は求められていないと考えられています。

安定した収入があり、年齢ごとの平均収入から大きく外れていなければ審査にパスする可能性が高いでしょう。

今なら、ご入会・ご利用キャンペーン♪

NTTカードでは、クレジットカードの利用1社ごとに1,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。2019年3月31日までのキャンペーン期間中に、キャンペーン対象の利用料金をNTTカードで支払うことが条件!

キャンペーン対象は以下のように幅広いため、多くの方が利用しやすいキャンペーンといえます。

カテゴリー

対象サービス

携帯電話

NTTドコモ、au、SoftBank、楽天モバイル、OCNモバイル、Y!mobile、UQモバイル、mineo、IIJmio、NUROモバイル

電気

東京電力、関西電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

ガス

東京ガス、大阪ガス、北海道ガス、東邦ガス、大多喜ガス、静岡ガス、広島ガス、北陸ガスなど

新聞

日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞、北海道新聞など

保険

東京海上日動火災保険、イーデザイン損保、ソニー損保、損保ジャパン日本興亜、三井ダイレクト損保など

衛星放送・ケーブルテレビ

WOWOW、J:COM、スカパー、NTTぷらら(ひかりTV)

6種類のカテゴリーごとに、大手会社はほぼ網羅していることがわかります。携帯電話は大手3社のみでなく、格安SIM・格安スマホでの有名な会社もカバーしているのが特長です。

なお1,000ポイントがもらえるのは1社だけではなく、利用がある限り何社分でももらえます。数千ポイントを獲得できる方も多いのではないでしょうか。ただし複数回の支払いがあっても、ポイントがもらえるのは各社1回のみです。

また、キャンペーンは入会月を含めて3ヶ月以内に応募することが必要です。会員専用ページである「My Link」からの応募となるため、忘れずに手続きをしましょう。

まとめ

NTTグループカードの基本情報、メリット・デメリット、向いているユーザーなどを解説しました。NTT系サービスの利用をするほどお得になるため、現在NTTの通信サービスなどを利用している方におすすめのカードです。

レギュラーカードであれば年会費はWeb明細を利用することで無料にできるため、保有コストも低く抑えることができます。キャッシュバックコースとポイント・プレゼントコースのうち、自分に合う方を選択しましょう。

また、ゴールドカードには保険や空港ラウンジなど、レギュラーカードにない魅力的なサービスがあります。年会費はかかりますが、必要なサービスだと考えるならゴールドを選ぶのもよいでしょう。

NTTグループカード

総合評価
3.8
NTTグループの電話、携帯、プロバイダ、出光ガソリンを利用している方におすすめのカード

ポイントプログラムで、「おまとめキャッシュバックコース」を選ぶと1.5%ポイント高還元!

  • NTTグループカード専用ポイントモール「倍増タウン」でのショッピングでポイント最大26倍
  • 全国の出光サービスステーションでガソリン給油などに利用すると、最大40円/リットルをキャッシュバック
  • カードの明細をweb明細にすると年会費1,200円(税別)が無料
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
0.56%~1.5% 1週間程度
無料(Web明細ご利用の方) 年会費
無料※Web明細ご利用の方

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る