ANAダイナースカードってどんなカード?ANA上級カードの魅力や実際の評判を解説!

  • 作成
  • 更新

「全日本空輸(ANA)」と「ダイナースクラブ」の提携によって誕生したのが、「ANAダイナースカード」です。「ダイナースクラブ」というとスタンダードな「ダイナースクラブカード」のイメージが強いですよね?「ANAダイナースカード」には、航空会社提携カードならではの魅力がたくさんあります。今回の記事では、「ANAダイナースカード」の魅力や実力などについて徹底解説していきますので、上級な航空会社提携カードを作成したいと考えている方も、参考にしてみて下さい。

ANAダイナースカードとは

「ANAダイナースカード」は、クレジットカード事業を行う「三井住友トラストクラブ」が発行しています。多くのカードで予め利用限度額が決められていますが、「ANAダイナースカード」には一律の利用限度額というものがありません。カード会員一人ひとりの利用状況や支払い実績などによって、利用限度額を設定しているのが「ANAダイナースカード」の特徴の一つです。

その他の、基本情報については次をご覧下さい。

年会費

本会員27,000円(税抜)/家族会員6,000円(税抜)

国際ブランド

ダイナース

追加カード

家族カード/ETCカード/ビジネス・アカウントカード

支払い方法

1回払い/ボーナス一括払い/リボ払い

ポイントプログラム

ダイナースクラブ・リワード・ポイント

ANAダイナースカードの独自の魅力

次からは「ANAダイナースカード」独自にある魅力のご紹介です。特にANAマイラーの方は、注目してみて下さい。

『リワード・ポイント』の有効期限は無期限!ANAマイルに交換もできる!

カードのポイントには有効期限があり、過ぎると失効するのが一般的となっています。しかし、「ANAダイナースカード」で貯まる『リワード・ポイント』には、有効期限がありませ。有効期限が過ぎてしまい、貯めたポイントが失効するといった心配がないのです。一律の利用限度額もない関係上、大きなポイントでも貯めやすい航空会社提携カードとなっています。

基本マイル還元率は1.0%

付与されるポイント数は、100円につき1リワード・ポイントです。1リワード・ポイント=1ANAマイルのレートで交換できます。1ANAマイルの価値は交換先によって異なりますが、1ANAマイル=1円の価値がある場合、基本マイル還元率は1.0%です。貯めたポイントをマイルに移行すると、マイル還元率が下がるカードがありますよね?しかし、「ANAダイナースカード」ならマイル還元率が下がりません。

移行手数料なし

他の航空系カードで貯めたポイントをマイルに移行した際、移行手数料が発生したことはありませんか?移行手数料の分だけ、お得感が薄れてしまいます。そんな時でも、「ANAダイナースカード」なら移行手数料の発生はありません。

マイルの移行上限もなし

大きなポイントをマイルへ移行したい時に気になるのが、マイルの移行上限です。「ダイナースクラブカード」では、マイルの移行上限に改悪があり、年間80,000マイル→40,000マイルへと移行上限が半減しました。しかし、「ANAダイナースカード」には、マイルの移行上限はありません。大きなマイル数が必要となる「ANA国際線特典航空券」に交換したい時にも、便利になることでしょう。

ちなみに日本-ハワイ(往復)の「ANA国際線特典航空券」に交換する時の必要マイル数は次の通りです。

利用クラス

ローシーズン

レギュラーシーズン

ハイシーズン

エコノミークラス

35,000

40,000

43,000

プレミアムエコノミークラス

53,000

58,000

61,000

ビジネスクラス

60,000

65,000

68,000

注:「ANA国際線特典航空券プレミアムエコノミー」への搭乗は、2019年4月1日よりスタート。

ローシーズン、エコノミークラスの「ハワイANA特典航空券」への交換に必要なカード払いは、350万円になる計算です。年間120万円カード払いする方の場合、3年ほどの期間で「ハワイANA特典航空券」へ交換できるでしょう。

世界600か所以上の空港ラウンジが利用できる!

他社でも「ゴールドカード」といったステータスの高いカードには、空港ラウンジサービスが付帯されています。しかし、国内28主要空港、海外2空港と、利用できる空港ラウンジの数が少ないことがありました。そんな時でも、「ダイナースクラブラウンジ」なら世界600か所以上の空港ラウンジを利用できるのです。本会員はもちろんのこと、家族会員も空港ラウンジを無料利用できます。同伴者は有料となりますが、家族で飛行機に搭乗する旅行に行く時にも、便利な航空会社提携カードとなるでしょう。空港ラウンジの所在地、営業時間、同伴者料金など、詳しくは「ダイナースクラブ」の公式サイトで検索してみて下さい。

『エグゼクティブダイニング』が利用可能!

レストランでコース料理を楽しみたい時に、お得なのが「ANAダイナースカード」で利用できる『エグゼクティブダイニング』です。『エグゼクティブダイニング』では、対象レストランのコース料金が1名分、または2名分無料になります。次のような2つのプランがあるため、人数にあったプランを選ぶと良いでしょう。

プラン名

特典内容

通常プラン

2名以上のコース料理で1名分無料

グループ特別プラン

6名以上のコース料理で2名分無料

『エグゼクティブダイニング』の対象となるレストランを一部ですが、ご紹介いたします。

都道府県

ジャンル

対象レストラン名

対象コース料理名

北海道

フレンチ

AKI NAGAO

まんぞくフレンチコース

宮城県

懐石・割烹

松竹膳處

呉竹

福島県

肉・鉄板焼き

鉄板焼 大山

紫陽花コース

東京都

イタリアン

Chef’s Table Recenoir

ジェントルコース

東京都

懐石・割烹

銀座割烹 里仙

地仙コース/天仙コース

茨城県

イタリアン

ヴェッキオアルベロ

シェフお任せスペシャリテコース

栃木県

肉・鉄板焼き

鉄板焼 下野

中禅寺湖コース

埼玉県

フレンチ

エグリーズ ドゥ 葉山庵

プレミアムメニュー

神奈川県

イタリアン

Ristorante REAL

リアルコース

長野県

寿司

鮨 湯もと

おまかせコース

富山県

フレンチ

chez Fujii

Menu Opera

静岡県

懐石・割烹

日本料理 四季

会員限定特別会席

愛知県

イタリアン

THE KAWABUN NAGOYA

ザ・カワブン

大阪府

中華

美麗華

ロンファ

兵庫県

イタリアン

Ristorante Bibbi

CENA STAGIONE

広島県

フレンチ

Les Ambassadeurs

スペシャルコース

愛媛県

懐石・割烹

瀬戸内割烹 むつの

瀬戸内コース

福岡県

肉・鉄板焼き

ステーキハウス ミディアムレア

シェフズコース

豪華なコース料理が1名分、または2名分無料になるためにお得感が大きいです。例えば、北海道のフレンチレストラン「AKI NAGAO」の「まんぞくフレンチコース」では、1名分15,000円(税抜)の料金となっています。

最高1億円の旅行傷害保険が付帯

旅行好きな方は飛行機に搭乗する機会が多いでしょうから、カード付帯の旅行傷害保険も重視したいところです。「ANAダイナースカード」には、最高1億円もの補償が受けられる旅行傷害保険が付帯されています。旅行時のリスクをなるべく軽減したいという方にも、大きな魅力となるでしょう。旅行傷害保険の補償額について、詳しくは此方です。

海外旅行傷害保険

補償項目

保険金

傷害死亡・後遺障害

1億円(自動付帯分5,000万円/利用付帯分5,000万円)

傷害治療費用

300万円

疾病治療費用

300万円

賠償責任

1億円

携行品損害

50万円

救援者費用

400万円

国内旅行傷害保険

補償項目

保険金

死亡・後遺障害

1億円(自動付帯分5,000万円/利用付帯分5,000万円)

入院

日額10,000円

手術

10万円/20万円・40万円

通院

日額3,000円

海外旅行傷害保険では、傷害治療・疾病治療でも300万円という高額な補償が受けられます。賠償責任でも1億円の補償が受けられるため、他の人に多額な損害を与えてしまっても安心です。

足りない補償は海外旅行保険プラスへ加入

「ダイナースクラブ」では、次のような特約がある有料の「海外旅行保険プラス」を用意しています。

  • 偶然事故対応費用
  • 航空機寄託手荷物遅延等
  • 航空機遅延費用
  • 旅行変更費用
  • クルーズ旅行取消費用
  • 緊急一時帰国費用
  • 留学生賠償責任危険
  • 留学生生活用動産損害
  • 留学継続費用
  • 家族特約

カード付帯の海外旅行傷害保険では、補償が足りない…という時に便利なのが、「海外旅行保険プラス」です。特にカード会員ではない家族と海外旅行に行く時、海外留学する時などに加入しておくと良いでしょう。

万が一の時でも安心な海外緊急アシスタンスサービス付き

「ANAダイナースカード」は、次のようなサービスが受けられる「海外緊急アシスタンスサービス」付帯です。

エマージェンシーアシスタンス

  • 病院の紹介
  • 医療通訳の手配
  • 病人やケガ人の移送手配
  • 救援者の渡航手続き
  • 遭難時の探索や救助
  • 損害賠償が発生した時の弁護士紹介など

緊急医療相談サービス

  • 日本人医師や看護師による無料相談
  • 応急措置や処方などのアドバイス
  • 外国人医師との通訳
  • 医師や病院の紹介など

現地語の分からない海外で、病気やケガがあっても安心なのが、「海外緊急アシスタンスサービス」です。「キャッシュレス・メディカル・サービス」も付いており、提携病院にて、キャッシュレスによる治療が受けられます。「キャッシュレス・メディカル・サービス」の提携病院について、詳しくは「ダイナースクラブ」の公式サイトにある「東京海上日動提携病院一覧」をご覧下さい。

最大500万円のショッピング保険付き

「ANAダイナースカード」では、付帯のショッピング保険でも高額な補償が受けられます。100万円200万円といった高額な商品をカードで購入した後、故障や盗難などがあっても安心です。ショッピング保険の詳しい補償内容は、次をご覧下さい。

ショッピング・リカバリー(動産総合保険)

補償額

年間500万円

補償対象となる品

国内・海外で購入した商品

補償期間

購入日より90日間

補償対象の事故

破損/盗難/火災など(偶然の事故)

自己負担

1品につき10,000円

保険金を請求する時には、保険金請求書や売上票などの書類提出が必要です。事故の種類によって、必要書類が変わるため、保険金を請求する時は「保険サービスご利用の手引き」にて確認しておきましょう。

経営者には役立つ『ビジネス・アカウントカード』

「ANAダイナースカード」では、『ビジネス・アカウントカード』の追加が可能です。『ビジネス・アカウントカード』では、プライベートの口座とビジネスの口座と別々にできます。利用明細もプライベートと別々にできるため、ビジネス経費が幾らかかったのか、明確になるのが良い点です。経営者の方はもちろんのこと、弁護士や公認会計士など、士業の方でも経費の支払いに利用できます。

ビジネス経費の支払いでも、ポイントが付与されるため、現金払いするよりお得です。『ビジネス・アカウントカード』1枚に対し、最大5枚のETCカードを追加できます。社員が営業車で有料道路を走行する時にも、便利になるでしょう。『ビジネス・アカウントカード』では、年間手数料2,000円が発生します。『ビジネス・アカウントカード』への申込みは、「専用申込書をダウンロードする」「インターネットまたは電話で資料請求する」の2つです。

ANAカード共通特典

「ANAダイナースカード」はANAとの提携カードといった関係上、「ANAカード」共通特典も利用することが可能です。どんな「ANAカード」共通特典があるのか、詳しくは次をご覧下さい。

ボーナスマイルについて知りたい!

「ANAカード」には、次のようなボーナスマイルがあります。

  • 入会時のボーナスマイル
  • 継続時のボーナスマイル
  • ANAグループ便フライトによるボーナスマイル

入会時と継続時のボーナスマイル

「ANAカード一般」の場合は、入会時も継続時も1,000ボーナスマイルです。しかし、「ANAダイナースカード」では入会時、継続時、ともに2倍となる2,000ボーナスマイルを獲得できます。「ANAゴールドカード」と同じボーナスマイルを獲得することが可能です。

フライトによるボーナスマイル

ANAグループ便でのフライトでも、ボーナスマイルが付与されます。フライトによるボーナスマイルは、次の計算式で求めることが可能です。

「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×一定割合」

計算式に含まれる一定割合は、「ANAカード」の種類によって異なります。「ANAカード一般」では10%、「ANAゴールドカード」では25%の設定です。「ANAダイナースカード」では「ANAゴールドカード」と同じ、25%となっており、フライトによるボーナスマイルが貯まりやすいです。

『ANAカードマイルプラス加盟店』で更にマイルを貯めよう!

「ANAダイナースカード」は、ポイントとマイルの2重取りができる『ANAカードマイルプラス加盟店』の対象です。『ANAカードマイルプラス加盟店』では100円、または200円につき1マイル付与されます。1マイル=1円の価値で計算した場合、マイル還元率は0.5%、または1.0%です。「ANAダイナースカード」の基本ポイント還元率1.0%を合計すると1.5%、または2.0%までアップします。マイルを効率よく貯めたい時は、お得な『ANAカードマイルプラス加盟店』中心に利用しましょう。

次に一部の『ANAカードマイルプラス加盟店』と、マイル付与をご紹介いたします。

加盟店名

マイル付与

サホロリゾートホテル

200円=1マイル

京急EXイン

200円=1マイル

ニッポンレンタカー

200円=1マイル

京成友膳(成田国際空港)

200円=1マイル

イトーヨーカドー

200円=1マイル

セブンイレブン

200円=1マイル

カヌチャリゾート

200円=1マイル

サホロリゾート スキー場

200円=1マイル

ヤマダ電機LABI

200円=1マイル

ENEOSでんき

200円=1マイル

マツモトキヨシ

100円、または200円=1マイル

阪急百貨店

100円、または200円=1マイル

セブンネットショッピング

100円、または200円=1マイル

東京MKタクシー

100円=1マイル

京成スカイライナー

100円=1マイル

ANA国内線・国際線の機内販売

100円=1マイル

高島屋免税店SHILLA&ANA

100円=1マイル

羽田空港ペットホテル

100円=1マイル

グローバルWiFi

100円=1マイル

エッソ・モービル・ゼネラル

100円=1マイル

ビジネスクラス専用チェックイン

「ANAワイドカード」の共通特典が付いているのが、「ANAダイナースカード」です。その共通特典の一つに「ビジネスクラス専用チェックイン」があります。混雑しているシーズンに空港を利用した際、チェックインカウンターにて長く待たされることはありませんか?そんな時でも、「ビジネスクラス専用チェックイン」を利用すると、スムーズにチェックインできることがあります。ANA国際線エコノミークラスでも対象となるため、海外旅行や海外出張の際には、「ビジネスクラス専用チェックイン」を体験しては如何でしょう。

空港や飛行機などでの割引特典が付いている!

「ANAワイドカード」には、空港や飛行機、免税店などでの共通割引特典が付いています。どんな共通割引特典なのか、詳しくは次をご覧下さい。

空港内免税店で10%割引

「ANAワイドカード」共通特典にて、次の空港内免税店でのショッピングは10%割引です。

空港名

免税店名

成田空港

ANA DUTY FREE SHOP/

ANA DUTY FREE SHOP MEN/ANA DUTY & TAX FREE SHOP

羽田空港

TIAT DUTY FREE SHOP SOUTH/

COSMETIC BOUTIQUE NORTH

関西空港

ANA DUTY FREE SHOP/

ANA DUTY FREE SHOP LONGCHAMP・TUMI

那覇空港

SHISEIDO 那覇空港店

免税されたショッピングを楽しみたい時は、10%割引対象となる空港内免税店に来店すると良いでしょう。

高島屋SHILLA&ANAで10%割引

東京都渋谷区千駄ヶ谷にある免税店「高島屋SHILLA&ANA」でも、10%割引にてショッピングできます。わざわざ空港内免税店まで出かけることなく、街中で免税されたショッピングを楽しめるのが、「高島屋SHILLA&ANA」です。消費税が免除される「Duty freeゾーン」、関税/酒税/たばこ税などが免除される「Duty freeゾーン」と、2つのゾーンがあります。航空券やパスポートなどが必要となるため、ショッピングしたい時は、忘れずに持参しましょう。

機内販売で10%割引

ANA国内線、ANA国際線、エアージャパン便での機内販売も10%割引です。機内販売品を購入したい時は、「ANAダイナースカード」で支払いしましょう。ただし、税込で1,000円未満の機内販売品は、割引の対象外となるため、少額な購入時は注意して下さい。

空港内店舗「ANA FESTA」で10%割引

国内34空港にあるお土産店「ANA FESTA」でのショッピングでも、10%割引となります。一緒に旅行に行けなかった家族や友人などに、お土産を渡したいという時は、お得になる「ANA FESTA」に寄っては如何でしょう。

特に人気なお土産を次にご紹介いたします。

  • 北海道の「ショコラ ガトー」
  • 関東の「焼マシュマロ・タルト スモア」
  • 関東の「東京カリー揚げ餅」
  • 近畿中部の「神戸ナッツキャラメリゼ プレミアム」
  • 九州沖縄の「ゴボチ YUZUSCO味」

その他にも、全国各地の「空弁」も人気の高いお土産です。

セントラルパーキング成田で特別割引

マイカーで成田空港へ出かけた際、駐車場に困ることはありませんか?ANAマイレージクラブでは、「セントラルパーキング成田」と提携しており、特別割引が適用されます。通常より安い料金で、マイカーを預かって貰えます。完全固定駐車方式のため、スタッフに狭いスペースに駐車され、マイカーに傷を付けられるといった心配はありません。

「ANAショッピング A-style」で5%割引

ANAオリジナル、キャリーバッグ、ビジネスバッグ、メンズ・レディースファッションなど、様々な商品を揃える「ANAショッピング A-style」でも、5%割引となります。ショッピングでマイルが貯まる、貯めたマイルを使えるのが、「ANAショッピング A-style」です。以前はANAショッピングポイントへの交換が必要だったのですが、1マイル=1円としてそのままショッピングに使えるようになりました。

国内ツアーと海外ツアーで5%割引

対象の国内ツアーと海外ツアーでも、5%割引で購入することが可能です。割引の対象となる旅行商品は次をご覧下さい。

  • ANAスカイホリデー(国内旅行)
  • ANAハローツアー(海外旅行)
  • ANAワンダーアース(海外旅行)

国内ツアー代、海外ツアー代を節約したい時に便利な特典です。ただし、同伴者は割引対象外となるために注意しましょう。

提携ホテル割引特典やサービス

「ANAワイドカード」の共通特典には、次のような提携ホテルでの割引特典やサービスもあります。ホテルの宿泊料金を抑えたい時に、魅力的な特典です。割引内容とサービス内容について、詳しくはこちらをご覧下さい。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン     

割引内容

サービス内容

ベストフレキシブル料金より5%割引

朝食無料&ウェルカムドリンクサービス

一部対象外となるホテルがあるため、ANAマイレージクラブの公式サイトにある「ANAカード限定サービス」より確認して下さい。

その他にも、「JRホテルクレメント高松」にて次のサービスが受けられます。

  • 宿泊料金20%割引
  • レストラン、バーの会計より5%割引
  • アーリーチェックイン(12時より利用可)
  • レイトチェックアウト(14時まで利用可)
  • 朝食とウエルカムドリンクの無料

急な出張や予定変更にも柔軟に対応できる『プレミアムビジネスきっぷ』

「ANAカード」では、『プレミアムビジネスきっぷ』を利用することが可能です。飛行機の運賃が割引されるため、出張での交通費を節約したい時にも便利なサービスとなっています。飛行機搭乗の当日でも予約と変更ができるため、急に決まった出張や、急な予定変更があっても、柔軟に対応できるのが魅力の一つです。『ビジネスきっぷ』ではマイル積算比率100%ですが、『プレミアムビジネスきっぷ』なら150%までアップします。割引運賃でも、マイルが貯まりやすいのは大きなメリットとなるでしょう。

ハウステンボス内の指定店舗で5%割引

「ANAカード」では、2018年7月1日より、ハウステンボス内の指定店舗にて、5%割引の特典が受けられるようになりました。対象店舗は「スキポール」「フォンデル」「ベスト3ショップ」の3つです。「スキポール」では、オランダ民芸品やカステラ、ちゃんぽんなど、様々な商品を揃えています。お土産を購入したい時にも、便利な店舗となるでしょう。ハウステンボスに遊びに行く時は、「ANAダイナースカード」を忘れずに持参してみて下さい。

レンタカーで5%~20%割引

「ANAカード」は、次の対象レンタカーにて5%~20%の割引となるサービス付きです。5%割引となる国内レンタカーと電話番号はこちらをご覧下さい。

国内レンタカー

予約電話番号

ニッポンレンタカー

0800-500-0919

トヨタレンタカー

0800-7000-111/0800-7000-294(福祉車両)

オリックスレンタカー

0120-30-5543

海外のハーツレンタカーなら、5%~20%割引されます。ハーツレンタカーを海外で利用したい時は、「0120-489-882」へかけて予約して下さい。

ANAビジネスソリューション公開講座で15%割引

「ANAカード」があると、「ANAビジネスソリューション公開講座」の受講料が15%割引されます。主に次のようなジャンルの公開講座があるため、ビジネスで役立つ講座を受講したい時は、注目してみて下さい。

  • 接遇&マナー
  • ヒューマンエラー対策
  • ANAコミュニケーション
  • ANAダイバーシティ
  • チームビルディング・インストラクター養成
  • 新入社員・階層別研修
  • 自己啓発プログラム

ANAダイナースカード審査基準は?

次からは「ANAダイナースカード」の審査基準について考えていきましょう。「ANAダイナースカード」の対象年齢は27歳以上となっています。これは「ダイナースクラブカード」と同じ対象年齢です。18歳以上を対象年齢とする一般カードよりも、審査基準は厳しいでしょう。対象年齢については、「ANAダイナースカード」の公式サイトにハッキリとした記載があります。

年収の目安は?

しかし、年収については、他のカード同様、ハッキリとした記載はありません。27歳の正社員の平均年収(2017年)は、376万円という調査結果があります。400万円ほどの年収が、「ANAダイナースカード」の審査通過の目安となるでしょう。

申込みからカード発行まで

「ANAダイナースカード」の審査基準は厳しめのため、審査時間が長くなる傾向があります。オンライン入会の場合は、申込みからカード発行まで、7営業日ほどが目安です。オンライン入会以外だと、申込みからカード発行まで、12営業日ほどかかるでしょう。キャッシング枠を付けると、さらに1週間ほど長くなるため、すぐに欲しい時はキャッシング枠を設定しないほうが良いでしょう。

ANAダイナースカードのデメリット

様々な魅力と実力を持っているANA上級カードでも、いくつかのデメリットがあります。「ANAダイナースカード」にあるデメリットについて、詳しくは次に進んでみて下さい。

海外旅行傷害保険にあるデメリット

「ANAダイナースカード」付帯の海外旅行傷害保険では、傷害死亡・後遺障害時に最高1億円の補償が受けられます。しかし、自動付帯分と利用付帯分がある点には注意が必要です。自動付帯分だけでは補償が半分である5,000万円になるため、海外旅行に行く時は利用付帯分併せて最高1億円にしておきましょう。

↓海外旅行傷害保険 でおすすめのクレジットカードならコレ↓

交換先にあるデメリット

「ANAダイナースカード」で貯めたリワード・ポイントには、マイルの他にも交換先があります。しかし、交換先によっては還元率が低くなるために注意が必要です。

還元率が低くなる交換先を一部紹介しておきます。

交換先

交換レート

還元率

楽天スーパーポイント

2,500ポイント→1,000ポイント

0.4%

Amazonギフト券

5,000ポイント→2,000円分

0.4%

スターバックスカードチャージ

5,000ポイント→2,000円分

0.4%

キャッシュバック

10,000ポイント→3,000円分

0.3%

マイルの他にもお得なのが「ANA SKY コイン」です。「ANA SKY コイン」を1,000ポイント→1,200コインのレートで交換すると、還元率1.2%になります。ANA航空券や旅行商品、燃油サーチャージなどに使えるのが、「ANA SKY コイン」です。ANA特典航空券へ交換できるまでのマイル(ポイント)がなかなか貯まらない時は、「ANA SKY コイン」へ交換すると良いでしょう。

↓楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天ゴールドカードがおすすめ!↓

楽天ゴールドカード

総合評価
3.4
手軽に持てるゴールドカード

楽天市場ゴールドカードを使って楽天市場でお買い物をすると、全商品がいつでもポイント最大5倍!国内主要空港、ハワイ/ホノルル国際空港、韓国/仁川国際空港ラウンジを年間2回まで無料で利用できとってもお得。

  • 貯まったポイントは1ポイント1円として楽天グループでのお買い物やANAマイル、楽天Edyに交換可能
  • ETCカードの年会費が無料
  • 最高2,000万円の海外旅行保険で補償も充実!
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
VISAMasterCardJCB 初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~10% 最短約1週間
2,000円(税別) 2,000円(税別)

↓Amazonギフト券でポイント交換ならOrico Card the Point↓

オリコカード THE POINT

総合評価
4.2
年会費永年無料で還元率が常に1%以上!ポイントをためるのにイチオシ!

ポイント還元率は常に1%以上でポイントがたまりやすい!入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2%!電子マネー「iD」と「QUICPay」の2種類が使えて、小額のお買い物でもポイントがどんどんたまります

  • 年会費永年無料!さらにうれしい家族カード、ETCカードも無料です
  • オリコモール経由でamazonや楽天市場などのネットショッピングすると、驚きのポイント最大17.5%還元!
  • オリコポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトコードなど使い勝手の良いものにリアルタイムで交換可能
国際ブランド 年会費 付帯サービス ポイント還元率 発行期間
    VISA MasterCard JCB
初年度 2年目~
  • ETC
  • 分割払い
  • 家族カード
  • マイル
  • リボ払い
  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
1.0%~17.5% 最短8日程度
無料 年会費
無料

年会費は高額だが…

「ダイナースクラブカード」の年会費22,000円(税抜)+5,000円で、「ANAダイナースカード」を持つことができます。しかし、人によっては27,000円(税抜)という高額な年会費がデメリットになるでしょう。高額な年会費をカード付帯のサービス利用で、どうやって回収するのか、よく考えてから申込みしたいところです。

例えば次のような年会費回収のパターンがあります。

  • 「ANAダイナースカード」の継続2,000ボーナスマイルを獲得する(1マイル=1円の価値だと2,000円分)
  • 『エグゼクティブダイニング』を利用し、10,000円のコース料理を1名無料で楽しむ
  • 年間50万円のカード払いで5,000マイル獲得する(マイル還元率0%/1マイル=1円の価値だと5,000円分)

上記の3つだけでも、17,000円分の年会費が回収できる計算です。カードの活用次第では、意外と年会費の回収は行いやすいでしょう。

まとめ

ここまでANA上級カードどなる「ANAダイナースカード」について、徹底解説してきました。「ダイナースクラブ」と「ANAカード」と両方の魅力を持っているのが、「ANAダイナースカード」です。ポイントの有効期限がない上に、マイル移行手数料もマイル移行上限もないため、ANAマイラーの方も注目してみて下さい。

ライター紹介 横山かおり

クレジットカードのマイル収集のために、すべての支払いをクレジットカードに依存するクレカマニア。作成したクレジットカードは数知れずマイルで旅行した国も数知れず。

関連記事一覧

口コミ投稿

国際ブランド
年 収
カード保有年数
カード保有枚数
月間平均使用額
利用限度額
カード使用用途
総合
ポイント・マイル還元
付帯サービス
会員専用サイト
申込手続き
カードデザイン
カードステイタス

満足している点

カード発行理由

改善して欲しい部分

その他気になっている点

JCB CARD W

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

オリコカードザポイント

年会費永年無料で還元率が常に1%以上!

詳細を見る

三井住友VISAクラシック

39歳以下限定年会費永年無料。ポイント常に2倍でダブル!学生・新社会人におすすめ

詳細を見る

よく読まれる記事

新着

ページの先頭に戻る